プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

新海誠監督『すずめの戸締まり』「旅の青年」「白い猫」「小さな椅子」の詳細が明らかに

「旅の青年」名前は「宗像草太」と判明=新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会の画像

「旅の青年」名前は「宗像草太」と判明=新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

 新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)より、これまでの特報、予告映像でも登場し、謎に包まれていた「旅の青年」「白い猫」「小さな椅子」の詳細が明らかになった。

【画像】早くも人気の「白い猫」ダイジンや顔に見える「椅子」

 突き抜ける晴天の下ですずめ(CV:原菜乃華)とすれ違い、鍵を用いて廃墟に佇む扉を閉める旅の青年の名前は、宗像草太(むなかた・そうた)。“災い”をもたらす扉を閉めることを使命とする「閉じ師」である草太は、日本各地に現れる扉を探す旅をしていて、扉のある廃墟に向かう途中ですずめと出会う。予告映像ではすずめと共に懸命に扉を閉めようとする様子が描かれていたが、草太が今後すずめとどのように関わっていくのか、注目だ。

 そして、すずめの前に突如現れた、謎の白い猫。カメラの前でさまざまなポーズをとり、SNSでもその存在が拡散されているミステリアスな猫の名はダイジン。なんと人の言葉を話すことができ、扉が開く場所に度々出没しては、すずめたちを翻ろうする。“#ダイジンといっしょ”タグが生まれるほど話題になっているダイジン、その正体や目的とは果たして!?

 さらに予告映像でもひと際目を引く、まるで生きているかのように3本脚で駆け回るすずめの椅子。すずめが幼い頃に使っていた、脚が1本欠けた子ども用の椅子で、ある出来事をきっかけになぜか“動き出す”ように。港を離れるフェリーの中で動く姿、すずめと一緒に坂道を駆け上がる姿などが明かされており、こちらの謎は深まりるばかりだ。

 「あちこちで開け放しにし続けてきてしまった扉を、どのように閉めることが出来るのか。それをすずめに託し、戸締まりをしながら日本列島を旅する物語を作っています」と新海監督が語る本作。日本各地で開いてしまう“災い”の扉を閉める旅をするすずめ。そんなすずめを取り巻くキャラクターたちとともにどのような物語が紡がれていくのか、続報にも期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ