プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ブラッド・ピット『ブレット・トレイン』ワールドプレミアで“日本の駅”を再現 真田広之も来場

映画『ブレット・トレイン』(9月1日公開)ロサンゼルスで開催されたワールドプレミアでのブラッド・ピットの画像

映画『ブレット・トレイン』(9月1日公開)ロサンゼルスで開催されたワールドプレミアでのブラッド・ピット

 伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演で映画化したハリウッド・アクション超大作『ブレット・トレイン』(9月1日公開)のワールドプレミアが米ロサンゼルスで現地時間1日に開催された。現地からレポートと、日本愛で埋め尽くされたピンクカーペットに来場したキャストたちの写真が到着した。

【画像】真田広之の姿も! キャスト&監督集合ショット

 会場に敷かれた、レッドカーペットならぬピンクカーペットは、劇中に登場するマスコットキャラクター“モモもん”カラーにちなんだもの。カーペット沿いは、ドリンクの自動販売機やガチャガチャマシン、ビニール傘自動販売機、自動改札機、コインロッカー、駅の売店に立ち食いうどん屋さんまで、さながら日本のどこかの駅のホームにいるような、本作の舞台である日本への愛を感じさせる演出がなされていた。

 そんなワールドプレミアには、主人公レディバグ役のブラッド・ピットのほか、デヴィッド・リーチ監督、“運命”を語りたがる剣の達人エルダー役の真田広之、殺し屋コンビのタンジェリン役とレモン役を演じたアーロン・テイラー=ジョンソンとブライアン・タイリー・ヘンリー、狡猾で悪魔のような性格の女子学生プリンス役のジョーイ・キング、レディバグになぜか恨みを持つメキシコ No.1 の殺し屋ウルフ役のバッド・バニーことベニート・A・マルティネス・オカシオら、個性あふれる殺し屋たちを演じたキャストが大集結。

 熱狂的な観衆に囲まれる中、鮮やかなライトグリーンのジャケットと涼しげなバギーパンツで登場したブラッド・ピット。「この映画は僕らが経験してきた状況(パンデミック)に対する、完璧な癒しだと感じたよ」「脚本を読むと笑いがこみ上げてくるし、撮影現場でもたくさん笑った。今こうして夏の時期に公開することができて、皆が外に出て一緒に集うことができるなんて、まさに完璧だ」と笑顔であいさつした。

 自身の代表作のひとつである『ファイト・クラブ』で出会い、かつて自身のスタントマンをしていたデヴィッド・リーチ監督に関して「今や彼は監督となり、彼独自の表現方法を身につけている」と賛辞を送り、「(撮影中)僕らはいつもジャッキー・チェンのことをたくさん話していたよ。僕らは大ファンなんだ。彼はバスター・キートンのような存在だと思っている」「彼のような演技をすることは、僕は今までやったことがないから、とても楽しかった」と、当時の思い出を振り返った。

 そして、先日発表された来日に関して質問されると「日本に行くのが待ちきれないよ!」「映画を気に入ってもらえることを願ってる。すごく面白いからね!」と、日本のファンに向けて熱いメッセージを送った。

 ハリウッドでの活躍も目覚ましい真田は、日本が原作の作品に出演することに関して「伊坂さんの原作が世界公開の映画として作られるということで、やはり日本人としてはうれしいですし、そこに参加できたということはすごく光栄です」と述べた。

 ブラッド・ピットとの初めての共演に関しては「最初の顔合わせ、カメラテストの時から、すごく気さくで、フレンドリーで、それでいて紳士だし、常に現場を和やかにしてくれましたね」「彼とリーチ監督の信頼関係が長年にわたって築かれているというのがあるので、一緒に楽しんで作っている雰囲気がスタッフ全員に伝わってくるんですよね。最初からいいチームワークでできたのが、とっても助かりましたし、楽しめました」と語った。

 日本が誇るアクションスターでもある真田だが、本作でもキャストやスタッフ同士アイデアを出し合いながら「楽しく映画少年たちが集まって(笑)、砂場でお城を作っているような、そんな雰囲気」だったと言う。「本当にアイデアを出し合って作ったという感じですね。すごく楽しかったです」と振り返り、日本のファンに向けては「原作を読まれた方も、そうでない方も、また違った楽しみ方ができると思います。独特な世界観に浸っていただき、東京から京都へ行く新幹線に乗り合わせてしまったような気持ちで、一緒にライブ感覚で楽しんでいただけたらと思います。感染対策に気をつけながら、ぜひ映画館で見ていただきたい映画です。どうぞお楽しみに!」と呼びかけた。

 まるでマーメイドのようなエレガントな白のロングドレスで登場したジョーイ・キング。「日本の皆さん、こんにちは! この映画をお届けできることがとてもうれしいです。すごく楽しい撮影でした! 私は映画と全く同じように、新幹線で東京から京都まで行ったことがあるんです。素晴らしい経験でした。ファンの皆さんがこの映画を見てくれるのが待ち遠しいです!」と日本のファンへメッセージを送った。

 デヴィット・リーチ監督は、日本を舞台にした作品であるにも関わらず、コロナの影響で日本に行くことができなかったため、最初は製作の難しさに直面した苦労があったことを明かしながらも、同時に「(映画は)誇張されたバージョンの世界でもあるから、視覚的なセットを作り上げることはアーティストとしてとても自由な(開放的な)経験でもあった」、結果的に「コミックのような誇張された世界を作り上げることで、映画がより良いものになったと思う」と自信を見せた。さらには、超高速列車の乗務員役のマシ・オカやマスコットキャラクターのモモもんも登場。この夏一番の超大作にふさわしい華やかなワールドプレミアとなった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ