プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

つるの剛士『ウルトラマンダイナ』制作発表の姿を謝罪 Tシャツ&短パンで登場は「制作発表の意味がわからなくて」

『スーパーGUTS スペシャルナイト』の模様(C)円谷プロの画像

『スーパーGUTS スペシャルナイト』の模様(C)円谷プロ

俳優のつるの剛士が主演を務めた『ウルトラマンダイナ』の放送25周年を記念し、特捜チーム“スーパーGUTS”のキャスト陣が全員集合したイベント『スーパーGUTS スペシャルナイト』が2日、池袋・サンシャインシティで開催中の『ウルトラヒーローズ EXPO 2022 サマーフェスティバルIN 池袋・サンシャインシティ』(29日まで)で実施された。

 イベントに参加したのは、つるの剛士(アスカ・シン役)、木之元亮(ヒビキ・ゴウスケ役)、布川敏和(コウダ・トシユキ役)、斉藤りさ(ユミムラ・リョウ役)、加瀬信行(※当時は加瀬尊朗、カリヤ・コウヘイ役)、丈(※当時は小野寺丈、ナカジマ・ツトム役)、山田まりや(ミドリカワ・マイ役)に加え、小中和哉監督、八木毅監督といった『ウルトラマンダイナ』の制作チームが集結した。

【写真】懐かし映像も…当時を振り返る7人

 つるのによるエンディング曲「君だけを守りたい」の歌唱からスタート。その後、ミニヒーローショーが行われ、フラッシュタイプ、ミラクルタイプ、ストロングタイプの各タイプにチェンジしながらウルトラマンダイナが戦い、最後は必殺のソルジェント光線で怪獣たちを倒していた。

 25周年で今だから言える秘密のコーナーも。つるのは「めちゃくちゃいっぱいあります。今、思い返せば、いろいろあった」としみじみ。「『ウルトラマンダイナ』は芸能界に入って、1年か2年の本当の新人だった。作品が始まる制作発表を大きなホテルの宴会場で、一般の方やメディアの方を招待していた」と話し始めると「事務所から『どこどこホテルで制作発表があるから行ってください』と言われて行ったけど、制作発表の意味がわからなくて、打ち合わせぐらいだと思っていて…。短パン、Tシャツの普通のあんちゃんで行った(笑)。そこで初めてスーパーGUTSの皆さんと会って、みんな正装していて…。メディアの人もカメラもぶわーってあるのに僕だけTシャツで短パンだった。『しまった!』と思った」と告白した。

 山田は「わざとかなと思った。主人公の役柄の設定で、あえてラフで来たのかな」と話すと、つるのは「あれは制作発表の意味がわかってなかった」と正直にぶっちゃけ。丈は「事務所の先輩として、ちょっと言ってやろうかと思ったけど、あまりにも似合ってたんで(笑)。それでいいやって」と笑顔で裏話を披露し、つるのは「ちょっとまずかったなって今でも思う」と謝罪していた。

 最後は木之本の「スーパGATS出撃!」の掛け声の後に、隊員の「ラジャー!」で節目のイベントの幕を閉じていた。

 『ウルトラマンダイナ』は、1997年に放送。光の巨人の最後の戦いが終わり7年、2017年の人類はネオマキシマの力を手に入れ、ネオフロンティア、宇宙の開発時代に突入していた。そんなある日、スーパーGUTSの候補生訓練養成所ZEROの宇宙での模擬戦中に謎の宇宙球体スフィアが襲いかかってくる。そこで訓練生の1人、アスカ・シンは宇宙にほうり出されてしまうも、「死ねるか~」という強い意思を見せたとき、彼方から迫る光と邂逅する。命をとりとめたアスカはその運を見込まれたのか、スーパーGUTSの一員となった。再びあの光が現れ、アスカを包み込むと、まばゆい光と共に巨人があらわれた。光の巨人の再来である。シリーズは、ウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ