プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

佐藤勝利主演『赤いナースコール』 菊池風磨の名前が再登場し反響「恐怖を中和させてくれた」

8月1日深夜放送『赤いナースコール』第4話に出演する(左から)佐藤勝利、小堀裕之(C)「赤いナースコール」製作委員会の画像

8月1日深夜放送『赤いナースコール』第4話に出演する(左から)佐藤勝利、小堀裕之(C)「赤いナースコール」製作委員会

 人気グループ・Sexy Zoneの佐藤勝利が主演を務める、テレビ東京・ドラマプレミア23『赤いナースコール』(毎週月曜 後11:06)の第4話が、8月1日に放送された。

【場面写真】口をポカンと開けて見つめるベッキー

 同作は、企画・原作を秋元康氏が手がけ、病院を舞台にしたミステリー&ノンストップラブサスペンス。カップルで事故を起こしてしまい、とある病院に入院することになったテレビドラマの若手脚本家の春野翔太朗を佐藤、ヒロイン・三森アリサを福本莉子が演じる。閉ざされた病院では、起奇妙な現象と殺人事件が続く。何とか再会しようとする2人は、真犯人と病院の思惑を追う。

※以下ネタバレあり
 同話では、翔太朗のもとにテレビ局のプロデューサー・山之内優馬(小堀裕之)が訪れ、病院での連続殺人事件をもとにした連続ドラマの企画を練る。前話で「僕の役は菊池風磨でどうだろう?」と提案していた松井時雄(木村了)が殺害されたことを受け、「菊池風磨が殺されちゃったか」とため息。翔太朗も「松井さん役、菊池風磨でしたもんね」とあっさりとコメントするシーンがあった。

 視聴者からは「今回も菊池風磨の名前があがってて笑ったよ」「恐怖を中和させてくれた」「菊池風磨役死んだとか言わないで~!」「そのうち実際に現れたりしない?」などの声が寄せられた。

 また、看護師の西垣小百合(浅田美代子)と山根ミク(ベッキー)の会話でも、翔太朗が構想するドラマのキャスティングが話題になり、さまざまな俳優の名前が登場した。「ベッキー、石原さとみ希望なのね」「めっちゃ福山雅治も名前出てくる」「ベッキー宮澤エマちゃんなのわかりみ」「浅田美代子さん、21歳設定だから『年齢的に難しいけど浅田美代子』希望なのね」などと反響が相次ぎ、“5分に1回の恐怖”をテーマにした同作に散りばめられたくすっと笑えるシーンに注目が集まっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ