プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

J-HOPE、米『ロラパルーザ』トリでBTS曲も披露 韓国人初のヘッドライナーに「照れくさいけど、誇らしい」

アメリカの大規模音楽フェスティバル『ロラパルーザ(Lollapalooza)』に出演したBTS・J-HOPE(C)BIGHIT MUSICの画像

アメリカの大規模音楽フェスティバル『ロラパルーザ(Lollapalooza)』に出演したBTS・J-HOPE(C)BIGHIT MUSIC

 韓国の7人組グループ・BTSのJ-HOPEが7月31日(日本時間8月1日)午後、アメリカ・シカゴで開催された大規模フェスティバル『Lollapalooza(ロラパルーザ)』のメインステージヘッドライナーを務め、10万5000人を動員したフェスのフィナーレを華やかに飾った

【ライブ写真】華やかなパフォーマンスでトリを務めたBTS・J-HOPE

 J-HOPEは7月に発売したソロアルバム『Jack In The Box』のタイトルのように、ステージ上に設置された箱から飛び出してステージをスタート。Wタイトル曲「MORE」と「Arson」をはじめ、アルバム収録曲で魅了していった。

 さらにはBTSの楽曲「BTS Cypher PT.1」「Dynamite」では、J-HOPE流のスタイルで再解釈し、ユニークな見どころをみせて観客を熱狂させた。

 「Chicken Noodle Soup(feat. Becky G)」では、フィーチャリング参加した米歌手/俳優のBecky Gがサプライズ登場。情熱的なコラボパフォーマンスで魅了した。

 『ロラパルーザ』30年の歴史で初めてメインステージを飾った韓国アーティストとなったJ-HOPEは、ステージの最後に韓国語で「私にとって意味のある瞬間だ。欲望、野望で始まったアルバムが盛大に仕上げに向かっていく過程の一つだ。このアルバムを通じてすべてのスケジュールが僕にとって血と肉になり、今日『ロラパルーザ』のステージに立ち、皆さんを見ながらもう一度確固たる信頼ができた。来てくださった多くの方々に感謝します。光栄です。照れくさいけど、この瞬間を勝ち抜いた自分自身にも誇らしいと言いたい」とあいさつし、全18曲で構成したステージを「Future」で締めくくった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ