プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

14年ぶり“オグシオペア”復活 『世界バドミントン東京』の応援キャスターに「現役時代の感覚が戻ってきた」

『世界バドミントン東京2022』キャスターに就任した(左から)小椋久美子、松岡修造、潮田玲子(C)テレビ朝日の画像

『世界バドミントン東京2022』キャスターに就任した(左から)小椋久美子、松岡修造、潮田玲子(C)テレビ朝日

 元バドミントン選手の小椋久美子と潮田玲子が、テレビ朝日系で放送されるバドミントンの世界一決定戦『世界バドミントン東京2022』(8月22日~28日)の応援キャスターに就任することが決定した。14年ぶりのダブルスで“オグシオペア”復活となるが、メインキャスターには松岡修造が就任する。

【写真】実家で撮影…潮田玲子、母・睦子さんとの2ショット

 2007年マレーシアでの世界選手権で銅メダルを獲得し、翌年の北京オリンピックに出場後、全日本総合選手権で優勝して以来、14年ぶりの“ダブルス”を組むことになった小椋と潮田は、久々のタッグを心待ちにしていた様子。「お互いに言いたいこと、伝えたいことを補い合えるので安心感があり、現役時代の感覚が戻ってきた気がします」(潮田)と、絶対的な信頼関係があることをうかがわせた。

 キャスター同士の初顔合わせとなったスチール撮影とインタビューでは、さっそく松岡の熱さが小椋&潮田にも伝播。大会の中継、そしてそれまでの取材などでもいかにバドミントンを盛り上げていけるかを、3人で真剣に意見交換する様子も見られた。

 東京オリンピックから1年、初めて日本で開催される『世界バドミントン』。東京オリンピックでは、メダルラッシュを期待されながらも銅メダル1個に終わった日本代表だが、苦汁をなめた日本代表の選手たちが並々ならぬ闘志を抱き、そのリベンジに燃える。

■小椋久美子
今回玲ちゃん(潮田)と一緒に「応援キャスター」を務めるということで、年月を経て久しぶりの“ダブルス”を組むことになりました。それぞれに違った視点も持っているので、より深みを増してお伝えできるのではないかと思っています。

東京オリンピックで、日本は本当に悔しい思いをしました。その悔しさは、自分で乗り越えていかない限り絶対に乗り越えられないと思うんです。選手たちには同じ東京で開催される『世界バドミントン』で、そのくやしさを晴らしてほしいと思っています。

バドミントンの世界大会っていろいろな国で行われているんですが、どの国でも日本の選手ってとても人気があるんです。それは人間性や競技力、プレーなど色々な理由があると思うので、みなさんにも注目していただけたらと思います。

■潮田玲子
オグッチ(小椋)とは久しぶりのタッグですが、やはり事前のコメントや撮影などでも、息が合うんですよ。まさに“阿吽(あうん)の呼吸”というか…。お互いに言いたいことなども補えるので安心感がありますし、現役時代の感覚が戻ってきた気がしますね。

海外でのバドミントンの大会って、すごく派手な応援があったりして雰囲気が全然違うんです。東京で開催される『世界バドミントン』も、そんな風に盛り上げて、バドミントンの概念を変えていけたらいいなと思います。

■松岡修造 コメント
日本のバドミントンは世界トップレベルで戦える競技。それを今回、テレビ朝日の地上波で放送するということで、大きな期待が集まってくると思います。正直、小椋さん、潮田さんの“オグシオペア”の活躍が、日本バドミントンが世界に近づいた最初の一歩だったと思うんです。今回、そんなお2人の視点で語ってくれるのはすごく大事なパートになりますよね。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ