プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

愛猫が難病抱えていた池田エライザ「動物をお迎えするって簡単じゃない」 ペット飼う責任を説く

ペット飼う責任を説く池田エライザ (C)ORICON NewS inc.の画像

ペット飼う責任を説く池田エライザ (C)ORICON NewS inc.

 俳優の田中圭(38)、池田エライザ(26)が8月1日、都内で行われた映画『ハウ』完成披露上映会舞台あいさつに登場した。

【写真】思わずうっとり…俳優犬を見送る池田エライザ

 同作の出演オファーを受けた時期、偶然にも愛猫が難病を患っていたことを明かしていた池田。SNSで投稿された飼い主と愛犬との“最高に癒された瞬間”の写真や動画で作られた同作主題歌のミュージックビデオ(MV)を見て、泣きそうだったことを田中から明かされ「動物をお迎えするって本当に簡単なことじゃないですし、大きな責任も伴う。保護犬という選択肢を映画でお見せできているのはすごくうれしい」とにっこり。

 そして、心癒されることについて聞かれた池田は「癒やされたくて家族にしたわけじゃないですけど…」と前置きした上で、愛猫の甘えた行動に癒やされていると話し「ズキュンときた」とほほを緩ませていた。

 本作は婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎え途方に暮れるちょっぴり気弱な青年・民夫(田中)と、運命の出会いを果たしたワンと鳴けない犬ハウ(俳優犬・ベック)の絆を描く。池田は、民夫を支える動物愛あふれるヒロイン・足立桃子を演じる。

 イベントには、渡辺真起子、モトーラ世理奈、長澤樹、宮本信子、犬童一心監督も登場した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ