プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「リカちゃん」がアンバサダーに就任、円形脱毛症への“思い込み”を“思いやり”に変えるプロジェクトがスタート

『見る目を、変えよう。』プロジェクトの公式アンバサダーに就任したリカちゃんの画像

『見る目を、変えよう。』プロジェクトの公式アンバサダーに就任したリカちゃん

 子どもから大人まで親しまれ、近年ではSNSの発信も話題となっている「リカちゃん」。そのリカちゃんが、1日からスタートした円形脱毛症と向き合うプロジェクト『見る目を、変えよう。』の公式アンバサダーに就任した。

【画像】リカちゃんが正しい知識をアピール、「見る目を、変えよう。」プロジェクトのキービジュアル

 日本では従来、円形脱毛症の発症原因として精神的ストレスが強調されてきたが、現在では根本的な原因は、免疫の異常な働きによって引き起こされる「自己免疫疾患」と考えられている。日本イーライリリー株式会社の調査では、「円形脱毛症の原因はストレスである」と考える人が約8割いる一方で、「免疫異常が原因」と認識している人は4人に1人の割合に留まった。また、円形脱毛症の患者の「脱毛部に視線を向けたことがある」人は4割以上という結果に。

 一方、円形脱毛症の患者の約7割が「罹患したことを隠したい」としており、とくに女性の約8割が「知られたくない」としている。さらに、多くの患者が「心が弱い人間だ」と考え、自分自身を責めていることも明らかになった。

 こうした現状を踏まえ、円形脱毛症への“思い込み”を解き、世間からの視線に苦しむ患者を取り巻く社会を少しでも”思いやり”のある環境に変えたいという思いから、同社は『見る目を、変えよう。』というプロジェクトを発足。幅広い人々に馴染み深い存在として、プロジェクトの公式アンバサダーにリカちゃんを起用した。リカちゃんが発信する情報によって、円形脱毛症という疾患への思い込みと、患者を取り巻く社会が変わっていくことを期待しているという。

 就任に際しリカちゃんは、「円形脱毛症という疾患のことを皆さんと一緒に学ぶことで、患者さんたちが少しでも自分らしく過ごせる社会をつくるお手伝いができればと思っています。このプロジェクトのために制作されたヘッドスカーフを身に着けて、この疾患に対する理解を深めていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします!」とコメント。

 患者に寄り添う気持ちを込め、リカちゃんが着用しているヘッドスカーフのデザインは、自身も円形脱毛症を患い、頭髪を失ったことをきっかけにヘッドスカーフを考案した角田真住さんによるもの。今後リカちゃんは、円形脱毛症の患者やステークホルダーなどに取材をし、情報発信をするなどの活動を予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ