プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

金爆・喜矢武豊、跳び箱の上から宙返り 圧巻パフォーマンスで沸かす

跳び箱の上から宙返りを披露したゴールデンボンバー・喜矢武豊 (C)ORICON NewS inc.の画像

跳び箱の上から宙返りを披露したゴールデンボンバー・喜矢武豊 (C)ORICON NewS inc.

 ビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの喜矢武豊、元体操選手でタレント・池谷直樹が8月1日、東京・丸の内エリアで行われた健康増進スポーツイベント『MARUNOUCHI SPORTS FES 2022』のオープニングセレモニーに出席した。

【動画】金爆・喜矢武豊、『女々しくて』に乗せ宙返りパフォーマンス

 今年で7回目の開催となる本イベントは、ウィズ・コロナを意識した感染対策を徹底しながらも、スポーツで生まれる交流、スポーツにまつわるさまざまなコンテンツを通して、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の方に多種多彩なスポーツの魅力を体験できる。スポーツ庁による障がい者スポーツの紹介や実際にパラスポーツを体験できる企画をはじめ、eSports、3V3バレーボール、TBS系『SASUKE』の名物エリア「クリフハンガー」「そり立つ壁」などが用意されている。

 今年5月に「東京都体操協会パルクール委員会」の広報部長に任命され、パルクール歴2ヶ月となる喜矢武は、今秋に開催される『パルクール世界選手権』フリースタイル日本代表の鈴木智也選手とともに軽快なパフォーマンスを披露。跳び箱の上から宙返りで一回転し、駆けつけた観客たちを沸かせた喜矢武は「初めてパルクールを見る人もたくさんいたと思うけど、楽しいイベントになったんじゃないかな」と白い歯を見せた。

 さらに『SASUKE』のモンスターボックスで23段の世界記録を持つ池谷は、デモンストレーションで15段に挑戦。見事に成功させ「久々で緊張しました」とはにかむと、間近で見守った喜矢武は「テレビで見るよりも迫力がすごかった!」と目を輝かせていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ