プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

横浜流星、弟・高橋海人のピンチを救えるのか <あきら>スペシャル映像

階堂彬(横浜流星)=映画『アキラとあきら』(C)2022「アキラとあきら」製作委員会の画像

階堂彬(横浜流星)=映画『アキラとあきら』(C)2022「アキラとあきら」製作委員会

 俳優の竹内涼真と横浜流星のダブル主演で、「半沢直樹」「陸王」などのベストセラー作家・池井戸潤の小説を映画化した『アキラとあきら』(8月26日公開)より、正反対の宿命を背負った二人の若者、山崎瑛(アキラ/竹内)と階堂彬(あきら/横浜)、それぞれのキャラクターに焦点を当てたスペシャル映像と、初解禁を含む12点の場面写真が解禁となった。

【動画】『アキラとあきら』スペシャル映像 SIDE階堂彬〈あきら〉

 スペシャル映像は、2人のキャラクターを象徴するような印象深いせりふから始まり、育った環境や彼らが持つ信念のルーツがわかる、【SIDE山崎瑛<アキラ>】と【SIDE階堂彬<あきら>】の2本。この記事では、【SIDE階堂彬<あきら>】について紹介する。

 映像は、「もし、逃げられない現実を宿命と呼ぶのなら、なぜ人は抗おうとするのだろう」という、血縁のしがらみに抗い続ける<あきら>の苦悩を感じさせるせりふとともに始まる。

 父・一磨(石丸幹二)から会社を守るように教えを受けた幼少期であったが、経営をめぐり目の前で言い争う叔父たちに辟易(へきえき)し、家業を継がず銀行員になることを決意。親族同士のいさかいを目の当たりにしたことで温情よりも冷静な判断を重視。人情を重んじる山崎とは正反対の冷徹さを見せる一方で、叔父たちに騙され巨額の負債を抱えた弟・龍馬(高橋海人/King & Prince※高=はしごだか)を心配し、家業である東海郵船の再建へと奮起する姿も見られ、自分の家族を守りたいという強い【信念】が彼を突き動かしていく様子が描かれている。

 大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、彬<あきら>が入社した日本有数のメガバンクの同期に、偶然同じ名前を持った山崎瑛<アキラ>がいた。人を救うバンカーになりたいという熱き理想を持つ山崎と、情を排除して冷静沈着に仕事をこなす階堂は、銀行員としての信念が真っ向から対立する。

 ところが、階堂家のグループ企業の倒産危機をきっかけに、<アキラ>と<あきら>それぞれの【信念】が交わり、人生をかけて共闘していくことに。その姿に思わず胸が熱くなる映像となっている。二人が立ち向かう先には何が待ち受けているのか。

 場面写真からも、対峙する山崎と階堂、奥田瑛二演じる羽根田に凛々(りり)しい表情で正面から立ち向かう山崎と不動、親族同士の骨肉の争いに巻き込まれる階堂など、彼らのまなざしから【情熱】と強い【信念】が伝わってくるようだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ