プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

SixTONES京本大我、メンバーの間で感じた“愛”語る 『週刊朝日』表紙&グラビア登場

2日発売の『週刊朝日』表紙を飾るSixTONES・京本大我の画像

2日発売の『週刊朝日』表紙を飾るSixTONES・京本大我

 人気グループ・SixTONESの京本大我が、8月1日発売の『週刊朝日』(朝日新聞出版)の表紙とカラーグラビアに登場する。2日に開幕するオリジナルミュージカル『流星の音色』では主演、そして音楽も担当した京本。インタビューでは「舞台を見た人の心にどこまで心に残る曲にできるか」などと思いを語っている。

【画像】似てる?Kis-My-Ft2&SixTONESのアバター

“恩師”滝沢秀明氏が演出する同作は、1年に1度だけ橋が架かる2つの星を舞台にした恋物語。音楽では「観劇の帰りになんとなーく鼻歌を口ずさんで、いい曲だな」と思える曲作りを目指したそう。王位継承の重圧に葛藤する役柄に「親が芸能界にいるのはある種、境遇が近いのかな」と重ね、父で俳優の京本政樹の存在に触れながら「ただの2世じゃなくて、しっかりこいつの良さがあるなって感じてもらうよう」に毎回ステージに立っていると語る。メンバー6人の間で「愛」を実感したエピソードも明かしている。

 この他にも、定年後の人生を社会貢献に捧げるシニアの生き方、安倍晋三元首相の「国葬」の裏にある岸田文雄首相の戦略、瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」の模様、電気代を節約するための電力会社の選び方など、バラエティーに富んだラインナップで送る。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ