プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

おぎやはぎ、30年来の仲・極楽とんぼと「最高の旅!」 奄美大島旅で小競り合い

バラエティー番組『極楽とんぼの週末極楽旅』(C)BS日テレの画像

バラエティー番組『極楽とんぼの週末極楽旅』(C)BS日テレ

 BS日テレのバラエティー番組『極楽とんぼの週末極楽旅』(毎週月曜 後11:00)では、1日の放送で、おぎやはぎとの奄美大島旅の第1回を放送する。

【番組カット】極楽とんぼがドランクドラゴンにまさかの土下座

 旅のテーマは「昭和旅」。旅の出発前に、携帯電話をスタッフに没収され、カーナビも使用不可で、紙の地図だけが頼りとなる。さらに、旅先として決まっているのは最初の目的地のみ。そのほかは、撮影の許可取り含めタレント任せの昭和旅。不便で何も決まっていない旅だからこそ、人とのつながりから新たなドラマが生まれる。

 今回は、番組宛てに「ぜひとも泊まりに来てください」とオファーを受けて、奄美大島での旅が実現。加藤浩次が「ありがたいよねー。(この番組は)予算がないから」と話すと、小木博明も「オレたちもBSでやっているから、事情がわかります」と声を弾ませた。

 スタッフが「これだけの方がいたら、めちゃくちゃおもしろい旅になるって聞いたので」と話すと、矢作兼が極楽の2人を「発する言葉が全部おもしろい人たちだから。それはおもしろくなるに決まってるでしょ。この4人がそろえば」と絶賛。そんな中、極楽×おぎやはぎの奄美大島での旅がスタートした。

 南国の景色を堪能しながら、ハブ酒の店を訪問。店主が『極楽とんぼの吠え魂』リスナーであることが判明するなど、運命的な出会いが待ち受けており、4人で団結するために“バブTシャツ”を着用しようという流れになるも、30年来の付き合いならではの“小競り合い”で笑いの絶えない時間となった。

 その後、店員によるハブショーを楽しんだ一行は、食事をするために『きょらうみ工房』へ。「しぼりたてサトウキビジュース」を飲みながら、メニューを見ることに。ところが極楽の2人がメニュー表を独占しており、おぎやはぎが「見たいんだよなー」と嘆く展開となり、加藤が「決める実力あるのか?」と反発し、矢作が「実力ってなんだよ!」とツッコミを入れるなど、メニュー決めでも笑いあふれる時間が続いた。

 極楽との旅を受けて、おぎやはぎのコメントが到着した。

――ロケの感想
【2人】いや~楽しかった。
【小木博明】極楽とんぼと古くからの仲で、20年?30年?
【矢作兼】30年近くの仲になるね~
【小木】4人でのロケは初めてじゃないかな?
【矢作】4人で1泊2日ロケなんてした事ないね。
【小木】昭和旅というのも面白かった!スマホを取り上げられてカーナビも無いから。
【矢作】地図があった時代に育ってきたのに意外と地図の見方が分からなくなっていた。
【小木】矢作のナビはひどかったな~。
【矢作】やっぱりナビに慣れちゃっている。
【小木】昔は配送のドライバーやっていて、矢作は地図を見るのに慣れていたのにね~。

――極楽とんぼ山本さんの運転はいかがでしたか
【矢作】「おぎやはぎの愛車遍歴」で数々の著名人が運転する車に乗ってきたけど、山本さんの運転上手かったね~。
【小木】ブレーキも上手なんだよね。
【矢作】ちゃんと運転が丁寧。気遣いのある運転が出来る人ですよ。
【小木】運転して人が変わる人もいると思うけど、穏やかな運転でしたよ。
【2人】最高の旅でした!

「極楽とんぼの週末極楽旅」公式YouTubeチャンネルにて「極楽とんぼの反省会」など、オリジナル動画配信中
https://www.youtube.com/channel/UC0kz0xi7_3gtKjrAaZ6wixw

『ぶらぶら美術・博物館』毎週火曜 午後8時
『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』毎週土曜 午後9時

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ