プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ムロツヨシ、主演映画が『ベイビー・ブローカー』と同日に封切り「ムロに当ててきた?」

主演作と同日公開の強豪作について語ったムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.の画像

主演作と同日公開の強豪作について語ったムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.

俳優のムロツヨシ、岸井ゆきのが24日、都内で行われた映画『神は見返りを求める』の公開初日舞台あいさつに参加した。

 主人公・イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)は、合コンでYouTuber・ゆりちゃんこと川合優里(岸井ゆきの)に出会う。田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫(ふびん)に思い、まるで「神」かのように見返りを求めず、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになる。2人は、人気がでないながらも、力を合わせて前向きに頑張り、お互い良きパートナーになっていくが…あることをきっかけに、2人の関係が豹変(ひょうへん)するストーリーとなっている。

【写真】“ムロの日”に主演映画が公開!舞台あいさつで喜ぶムロツヨシ

 同日公開の映画には話題作の『ベイビー・ブローカー』も。岸井は「きょう、『ベイビー・ブローカー』を観ずに『神は見返りを求める』を選んでくださった皆さんが大好きです!」と笑顔であいさつ。するとムロは「『ベイビー・ブローカー』、きょう初日なの? ムロに当ててきた?」とリアクションし、笑わせた。

 また、6月24日は語呂合わせで「ムロツヨシの日」に認定。サプライズで認定証を渡されるとムロは「これ持ったまま『ベイビー・ブローカー』の舞台あいさつも行ってようかな」とご機嫌だった。

 この日は、吉田恵輔監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ