プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Jr.SP和田優希、初主演舞台は「死ぬほど苦労」IMPACTors鈴木大河と外部舞台に初挑戦

外部舞台に初挑戦した(左から)鈴木大河、和田優希 (C)ORICON NewS inc.の画像

外部舞台に初挑戦した(左から)鈴木大河、和田優希 (C)ORICON NewS inc.

 ジャニーズJr.の人気グループ・Jr.SPの和田優希とIMPACTorsの鈴木大河が24日、東京・よみうり大手町ホールで上演される舞台『アナザー・カントリー』ゲネプロ後囲み取材に登壇した。

【写真】爽やか制服姿!目を合わせ笑い合う和田優希&鈴木大河

 1930年代のイギリスで、未来のエリートを養成すべく、上流階級の子息が学ぶパブリックスクールを舞台に、和田は自由を求める同性愛者ガイ・ベネットを演じ、ガイの盟友で共産主義に傾倒するトミー・ジャッド役を鈴木が演じている。

 今作で舞台初主演を務める和田と、ともに外部作品に初出演する鈴木。和田はけいこを振り返り「本当に死ぬほど苦労しました」と苦笑。鈴木も「共産主義者の役柄で難しい単語があって、自分でも初めていう単語や言い回しも難しくて。普段でもまわりくどい言い回しになるくらい練習しました。もともと理屈っぽいところに拍車がかかってしまいました」とのめりこんだそう。

 和田は、自由奔放な役柄について「若干自分と似ているところもあるので、やりたいことをやりたいようにやる性格はやりやすい反面、『俺はこれをやりたい』と表すことは奥手なので、ベネットに憧れながら演じました。ひたすら楽しもうと思って。このキャラだったらどうするかな、と考えて演じました」と追究したことを明かした。

 共演のおかやまはじめは、そんな2人に「(外部作品で)初舞台だと忘れてました」と感心。演出の鈴木勝秀氏は“さらけだす”をテーマに掲げ、和田は「僕ら自身がお芝居することがなく、事前の引き出しもなかったので、全力でひたすらストレートを投げるだけだった」ととにかくベストを尽くしたけいこ期間を振り返る。

 鈴木は「初めてのストレートプレイで、演出家さんが『こうしたほうがいい』という現場を想像していたんですけど、本当になにも言われなくて。和田と一緒に帰りながら『何も言われなかったね…』って。でも自由に演らせていただける環境に最初は戸惑いましたが、やりやすい環境だったな、と」と充実の表情をみせていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ