プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

関ジャニ∞横山裕が大阪・関西万博を徹底解剖「歴史的瞬間を目の当たりにできることは大変光栄」

『なんかすごいぞ2025~近未来はこうなる!大阪・関西万博まであと1000日!~』に出演する(左から)王林、平子祐希、横山裕、鷲見玲奈、シュウペイ、松蔭寺太勇 (C)フジテレビの画像

『なんかすごいぞ2025~近未来はこうなる!大阪・関西万博まであと1000日!~』に出演する(左から)王林、平子祐希、横山裕、鷲見玲奈、シュウペイ、松蔭寺太勇 (C)フジテレビ

 人気グループ・関ジャニ∞の横山裕がMCを務めるフジテレビ『なんかすごいぞ2025~近未来はこうなる!大阪・関西万博まであと1000日!~』が、25日午後1時30分より放送される(※関東ローカル)。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 大阪生まれ大阪育ちの横山は、万博が大阪で開催されることに「関西人としても誇りに思う!」と興奮を隠しきれない様子。開催まで1000日あまりとなった今、番組進行の鷲見玲奈、スタジオゲストの平子祐希(アルコ&ピース)、ぺこぱ、王林と共に大阪・関西万博の魅力と、最先端科学技術のあれこれに徹底フォーカスする。

 1970年、日本で初めて開かれた国際博覧会、大阪万博。世界77カ国と国際機関が参加し、現在の日本の人口の半数近くとなる6400万人が大阪に詰めかけた。当時の大阪は異常な熱気に包まれ、高度経済成長の象徴的イベントとして今でも語り継がれている。この一大国家イベントからおよそ50年、あの熱狂が再び大阪に帰ってくる。

 2025年の大阪・関西万博の想定来場者数は世界各国から2820万人。経済波及効果は、2兆円に上るとも言われている。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに共創によるSDGs達成への貢献を掲げ、大阪湾にある人工島・夢洲を舞台に行われるこの万博。155ヘクタールの会場にはさまざまなパビリオンが立ち並び、「未来社会の実験場」をコンセプトに最新の技術を駆使した驚くべき未来社会の姿が披露されるという。

 そんな最先端技術を見学するため、Aぇ!group(関西ジャニーズJr.)の正門良規、草間リチャード敬太、福本大晴、佐野晶哉が今回特別に企業に潜入する。そこで彼らが見た驚きの光景とは。映画やアニメで見てきたような“未来の姿”がすぐそこまで来ているかもしれない。

■横山裕(関ジャニ∞)コメント
「日本の新しい技術を世界に発信するチャンスだと思いますし、この歴史的瞬間を目の当たりにできることは大変光栄なことです。また、関西人としても誇りに思いますし、僕も一緒に楽しみたいと思っています。皆さんも是非とも一緒に盛り上がりましょう!」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ