プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『相棒』亀山薫の帰還でトレンド席巻「どうやって復帰させるんだ?」 反町隆史の最多記録奪還の可能性も

寺脇康文 (C)ORICON NewS inc.の画像

寺脇康文 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の寺脇康文が、10月にスタートするテレビ朝日系『相棒season21』(毎週水曜 後9:00)で“五代目相棒”となることが決定。約14年ぶりに水谷豊とタッグを組み、杉下右京(水谷)の“初代相棒”亀山薫として再び戻ってくる寺脇が、前シーズンで卒業した冠城亘(反町隆史)の後を継ぐ。

【写真】14年前『season7』時代の杉下右京&亀山薫”初代相棒”2ショット

 五代目相棒が寺脇であることが発表されると、ツイッターでは、「亀山くん」「薫ちゃん」「寺脇康文」「亀山さん」「寺脇さん」「特命係の亀山」「右京さん」「#相棒season21」「伊丹さん」「初代相棒」「最後の相棒」など、関連ワードがトレンドを席巻した。

 2000年6月3日放送の「“プレシーズン”第1弾」で出会った右京と薫。捜査一課の刑事だった薫が、偶然出くわした指名手配犯に人質にされる失態を犯し、“人材の墓場”と揶揄される特命係に左遷される。その後、薫は『相棒』が2002年10月からシリーズ化されて以降、足掛け9年、124話にわたって右京の相棒を務めた。

 しかし、2008年12月17日放送のseason7第9話で、薫は高校時代の友の死をきっかけに、彼の遺志を継ぎ、子どもたちに“正義”を教えるため、不正が蔓延する南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に移住することを決める。右京は薫の思いを尊重し、「どうか、気をつけて行ってください。以上です」という、はなむけの言葉をおくり、薫は特命係を離れた。シリーズ卒業後は、回想シーンや登場人物の会話に何度か登場することはあったが、右京と直接連絡を取ったり、帰国時に会うという描写はなかった。

 SNSではファンから「亀山さんおかえりなさい!」「必然の再会」「どうやって復帰させるんだ?」「伊丹さんの『特命係の亀山~!』がまた見れるとは」「米沢さんも戻ってきてほしい」「そろそろ相棒も…」などの声が寄せられた。

 また、約7年間、“4代目相棒”を務めてきた反町は、初代の寺脇を抜かし、歴代相棒の中では最多となる登場回数138回で卒業したが、その記録をさらに寺脇が奪還する可能性が出てきたことも話題となりSNSでは「寺脇さんが帰還して記録を更新しにきた」「記録を速攻で塗り替えられかねない…」との反響も寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ