プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

EXILE TETSUYA、卓球“オリンピアンの登竜門”コンディショニングコーチ就任 日の丸身につけ「重たいです」

日本卓球協会の男女ホープスナショナルチーム(HNT)コンディショニングコーチに就任したEXILE TETSUYA (C)ORICON NewS inc.の画像

日本卓球協会の男女ホープスナショナルチーム(HNT)コンディショニングコーチに就任したEXILE TETSUYA (C)ORICON NewS inc.

 EXILEのEXILE TETSUYA(41)が23日、都内で行われた日本卓球協会の男女ホープスナショナルチーム(HNT)のコンディショニングコーチ就任式に出席した。

【写真】初めて!日の丸を身に着けたEXILE TETSUYA

 HNTは、2001年に10年後の卓球界を見据えて構成された12才以下のナショナルチーム。U12、U10、U8と細かくカテゴリーが分けられ、世界一を奪還するための日本卓球協会のゴールドプランとなる。一期生の水谷隼をはじめ、東京オリンピックで銅メダルを獲得した張本智和ら出場選手は全てHNT出身で、“オリンピアンの登竜門”として切磋琢磨している。

 一方、1つのスポーツ動作を長期間にわたり繰り返すことで、身体のバランスが崩れて本来機能するべき動作に支障をきたし、将来的にケガにつながる恐れがあると考えられるように。そのため、卓球協会は、2020年11月の男女HNT強化合宿でTETSUYA考案監修のダンストレーニングプログラムを導入。その取り組みが評価され、TETSUYAが今年度から正式にコンディショニングコーチに就任することが決定した。

 ケガの予防及び競技力向上を目的としたダンストレーニングプログラム「EPI Quality」では、音楽やリズムに合わせ、全身関節や筋肉を動かすことで、可動域を含む機能を回復。アジリティ能力を高めることで、敏捷性・巧緻性に優れた選手の育成も期待できるという。

 会見でTETSUYAは「HNTのコンディショニングコーチ就任式ということで、僕もすごくワクワクしていました。すごく、責任のあることだと思う。しっかりと務めさせていただけたらと思います」と抱負。卓球協会の宮崎義仁専務理事から「日の丸がついてますから。責任重大です」とジャージも手渡され、袖を通したTETSUYAは「重たいですね。初めてです」と改めて気を引き締めていた。

 HNTからは多くのメダリストが誕生している。TETSUYAは「やはり卓球の世界チャンピオン、金メダリストというのを宮崎さんと一緒に見たいというのが僕の大きな夢」と口にする。ただ、自身の卓球の腕前については「僕、球技がすごく苦手でして…。遊びでやる程度ですけど楽しくやることはあります」とTETSUYAが語ると、宮崎専務理事は「今度、課題を出していきます」と笑顔で応じた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ