プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

見取り図、大根演技で話題も“演技派”自称 「両奥歯を折りました」と適当発言

大根演技で話題も“演技派”を自称した見取り図(左から)盛山晋太郎、リリー (C)ORICON NewS inc.の画像

大根演技で話題も“演技派”を自称した見取り図(左から)盛山晋太郎、リリー (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・見取り図が22日、東京・神楽坂の赤城神社で行われたマーベル・スタジオ映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日公開)の大ヒット祈願・雷様イベントに参加した。

【写真】霧の中から…雷様として登場した高木ブーと見取り図・リリー

 2人はマーベルのガチファンであることから宣伝アンバサダーを務めることに。加えて、役柄は明かされていないが日本語版の声優にも挑戦している。『R-1グランプリ2022』の合間に放送されたCMでは想像を絶する“大根演技”を披露して話題にもなったが、盛山晋太郎は「役作りをだいぶ頑張りました。両奥歯を折りました」と適当発言。リリーも「ちゃんと数えてはいないけど(ソー役の)三宅健太さんよりも僕のせりふのが多いと聞いている」と続き、笑わせた。

 それでも、盛山は「本当に光栄です。マーベル作品で声を入れさせていただけて本当にうれしい」と笑顔。リリーも「もうマーベルファミリー。声優してますから」と喜びを爆発させていた。

 本作の舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘の後、ソーが多くの大切な仲間を失ったことでいつしか戦いを避けるようになり“ヒーロー卒業”を宣言、自分探しに迷走することとなる。そんな中現れた神々の殲滅(せんめつ)を目指す最強最悪の敵“神殺し”ゴアによって、全宇宙の神が危機にさらされ、ソーは絶体絶命のピンチにおちいってしまう。その時、救世主として現れたのは、ソーのコスチュームに身を包んだ新たなヒーロー“マイティ・ソー”となった元恋人のジェーンだった。ソーとマイティ・ソー“2人の雷神”がタッグを組み、シリーズ最大の脅威ゴアに立ち向かう。

 この日は、ソー役の声優を務める三宅健太、“日本の雷様”として高木ブーも登場した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ