プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

JO1木全翔也、夢が実現し感激 念願の宇宙服まとい「JO1になってよかった」

夢が実現し感激していたJO1・木全翔也 (C)ORICON NewS inc.の画像

夢が実現し感激していたJO1・木全翔也 (C)ORICON NewS inc.

 11人組ボーイズグループ・JO1が22日、都内で行われた「スペースデリバリープロジェクト」第二弾キックオフセレモニーに登壇。青とオレンジの宇宙服の衣装に身を包んで登場した。

【ソロショット】似合ってる!JAXAのユニフォームに身を包んだJO1

 同グループは、記念品や研究対象品などを国際宇宙ステーション(ISS)に打ち上げ、宇宙空間に約6か月触れさせたあとに地球に帰還させる「スペースデリバリープロジェクト-RETURN to EARTH-」第二弾の公式アンバサダーに就任した。

 デビューシングルからPROTOSTAR、STARGAZER、THE STARなど、宇宙や星にまつわる作品をリリースしてきている同グループ。今回“本物”だという宇宙服を着た大平祥生は「貴重なものを着させていただいて…」と感激。

 木全翔也は子どもの頃から宇宙飛行士になりたかったといい、「こんな衣装を着られて手がプルプルしてます。卒園式とかでも言っていたので本当にうれしい。JO1になってよかったです」と感激していた。

 JO1は、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101JAPAN』(2019年)で、番組視聴者である”国民プロデューサー”の投票により選ばれた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨によるグローバルボーイズグループ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ