プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

池田エライザ&田口トモロヲが“ちょっぴりおしゃれで新しい大阪”へ ドラマ『名建築で昼食を』続編決定

テレビ大阪開局40周年スペシャルドラマ『名建築で昼食を 大阪編』に出演する(左から)田口トモロヲ、池田エライザ(C)テレビ大阪の画像

テレビ大阪開局40周年スペシャルドラマ『名建築で昼食を 大阪編』に出演する(左から)田口トモロヲ、池田エライザ(C)テレビ大阪

 俳優でアーティストの池田エライザと田口トモロヲが、テレビ大阪開局40周年記念ドラマ『名建築で昼食を 大阪編』(8月17日スタート、毎週水曜 深0:00~0:30 ※全6話)でW主演を務めることが決まった。建築×グルメの新感覚ドラマの続編で、大阪を舞台に名タッグが再登板する。

【写真】特徴的なパープルの衣装がぴったりの池田エライザ

 建築や暮らしなどを題材にした世界観が人気の作家・甲斐みのり氏の『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』(エクスナレッジ刊)を原案に、2020年8月に放送・配信されたドラマ『名建築で昼食を』と、スペシャル横浜版のその後を描く大阪編となる。

 カフェ開業を夢見る春野藤(池田)と乙女建築めぐりが趣味の植草千明(田口)のタッグが再び実現。大阪のノスタルジックな建築物や絶品ランチが登場し、アドリブ会話などドキュメンタリー要素を織り交ぜて展開される。大阪を舞台にした建築とグルメめぐりはどうなるのか――。

 大阪で収録に臨んだ池田は「すごく和やかな空気感の中で、『名建築で昼食を 大阪編』を撮影できました」と語り、「ちょっと明日(あした)に希望がわくような、大阪の人であれば気軽に行ってみようとか、放送以降もワクワクしていただけるようなドラマだと思います」とアピール。また「視聴者の方にもSNSなどで、ぜひ自分の身近にある名建築や自分が行ってみたい建築を教えていただけるとうれしいです」と呼びかける。

 田口はシリーズを通した進化を実感しながら「見る人を選ばない、間口の広い番組」と言い、「登場人物の千明や藤がちょっと現代に生きづらさを感じていて、その人たちが歴史ある名建築を見て癒され、人生をちょこっとだけ豊かにして、前に進んで成長する物語でもあるので、肩の力を抜いて、名湯に浸かるようにゆるゆると見ていただけたらうれしいです」と語る。

 テレビ大阪の岡本宏毅プロデューサーは「当初は、果たして大阪に名建築はあるのか!? という不安がありました」と明かしつつ、「リサーチをしてみると大阪商人たちが財を投じ、昭和初期に作られた美しい名建築がいまだ現役で大切に使われていることが分かりました」と企画意図を説明。「今まであまり見たことのない“ちょっぴりおしゃれで新しい大阪”を皆さまにお届けできるのではないかと思っております」と自信を見せる。関東地区ではテレビ東京で毎週水曜2時35分放送。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ