プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

「根っこにある掛川魂」28年ぶり新作アニメ『シュート!』 熱血さは健在「この時代にこの教育はいいのか?」

アニメ『シュート!Goal to the Future』本ビジュアルの画像

アニメ『シュート!Goal to the Future』本ビジュアル

 声優の小林千晃、土岐隼一、小野友樹、土屋神葉が21日、都内で行われたアニメ『シュート!Goal to the Future』テレビアニメ放送記念先行上映会前イベントに出席。約28年ぶりに復活する同作の魅力を伝えた。

【画像】28年ぶり新作!7月放送の『シュート!』の場面カット

 『シュート!』は、1990年から2003年まで約13年間にわたり『週刊少年マガジン』で連載され、累計発行部数5000万部を突破している人気サッカー漫画で、掛川高校サッカー部が、全国優勝を果たす最強のチームへと変貌を遂げるまでを描いた物語。「伝説の11人抜き」や「サッカー、好きか?」など、記憶に残る名シーンが多く、漫画ファンのみならず、プロ・アマの垣根を超えサッカー選手にも支持されている。

 1994年にアイドルグループ・SMAP主演で実写映画化もされた人気作品で、今回、アニメが1993~94年に放送された『蒼き伝説シュート!』以来、完全オリジナル新作アニメとして約28年ぶりに復活。今作では、元イタリア名門チームの“世界の闘将”神谷篤司と、神谷の出身校で、今は弱体化した掛川高校に通いサッカー部と距離を置こうとする辻秀人の2人が出会う時、新たな伝説の幕が上がるというストーリーが展開される。

 主人公となる元エースストライカーで、あることがきっかけとなりサッカーから距離を置く辻秀人役を務めた小林は、今作について「新たに『シュート!』を令和にやる意味が詰め込まれている作品。当時読んでいた方からすると、ちょっと原作との相違点も感じるかもしれないんですけど、根っこにある掛川魂は各キャラクターに詰まっている」と熱弁。

 さらに、「原作に出てくる神谷っていうキャラクターが監督として出てくるんですけど、『この時代にこの教育はいいのか?』っていうツッコみをしたくなるような強烈なキャラクターとなっている。ほんとに熱い作品なので最後までよろしくお願いいたします!」と呼びかけた。

 なお同イベントには、主題歌「アオレイド」を担当した宮川愛李も登場した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ