プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

堀ちえみ、大学病院に緊急入院を報告 一時は歩けず血圧低下も「普通までに回復しました」

堀ちえみ (C)ORICON NewS inc.の画像

堀ちえみ (C)ORICON NewS inc.

 タレントの堀ちえみ(55)が、20日までに自身の公式ブログを更新し、大学病院に入院したことを報告した。

【全身ショット】白のレースワンピースで登場した堀ちえみ

 20日の投稿で「今日未明に下腹部の痛みで目が覚め、主人に大学病院の救急外来へ、連れて行って貰いました」「早朝からいろんな検査をしています」と明かし、PCR検査は陰性だったとしながら「やはり炎症反応がかなり高く、検査も含めて心労・疲労回復のためにも、入院することになりました」と伝えた。

 また、その後の更新では「今日はたくさんの検査をしました。最近の種類を調べていることです」とし、「寝ても寝てもいくらでも眠れるぐらいに、身体に怠さがあります。痛みというより今は怠さですね」と表現。

 きょう21日には「おはようございます。今日も感謝の気持から始まる朝です。入院二日目」と切り出し、「昨日の今頃は歩けなくて車いすでした。血圧も上が66の下が44という。何度測り直しても、上は70が精一杯でした」と振り返り、「それが今は上95下63という、まあ私の普通までに回復しました」とやや上向いたことを報告。

 その上で「今回は人生で、何十回目の入院となるのでしょう(笑) 今回もいつ退院できるか分かりませんが…」としながら、「この経験も自分の人生に、活かして生きたいです」と心境を伝えた。

 堀は2019年2月に口腔癌(舌癌)ステージ4と診断され、左首のリンパ節にも転移していることを公表し、活動を休養。11時間におよぶ手術で舌の6割を切除・再建を行うなどして退院。さらに、同年4月に新たに初期の食道がんが見つかり、内視鏡手術を受けた。20年1月に芸能活動に復帰した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ