プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

綾瀬はるか、木村拓哉と初夫婦役「楽しかった!」 織田信長の妻・濃姫を演じる

木村拓哉と初夫婦役について明かした綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.の画像

木村拓哉と初夫婦役について明かした綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.

 俳優の木村拓哉(49)、綾瀬はるか(37)が21日、都内で行われた東映70周年記念映画『THE LEGEND & BUTTERFLY(レジェンド・アンド・バタフライ)』(2023年1月27日公開)の発表会見に出席した。

【写真】初”夫婦役”を演じた木村拓哉&綾瀬はるか

 脚本は古沢良太氏(48)、監督は大友啓史氏(56)が務める本作で木村が演じるのは「大うつけ」と呼ばれていた尾張の織田信長。そんな男のもとに嫁いできた「マムシの娘」と呼ばれる美濃の濃姫を綾瀬が演じる。敵対する隣国同士の“政略結婚”という最悪の出会いで始まった二人だが、次第に強い絆で結ばれ、誰も成し遂げたことのない“天下統一”という夢に向かっていく姿を描く。

 木村と綾瀬は、TBSの日曜劇場『南極大陸』(2011年10月期)などで共演。綾瀬は「(木村との)夫婦役は初めて。なんというか楽しかったですよね!」と爽やかな笑顔を浮かべながら「何をやっても絶対に受け止めてくれる。そんな安心感のもと演じさせていただきました」と感謝した。

 一方で木村も「皆さん、見た目はおっとりした印象を持たれていると思いますが、動いたら半端じゃない」とリスペクトのまなざしを向け「ぶつかり合うシーンも、慰め合うシーンも、見つめ合うシーンも、お互いがその場にいないシーンでも、撮影する時は常に濃姫の存在を自分の中に置いて撮影していました。(妻役が)綾瀬さんで助かりました」と話していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ