プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

市川ぼたん、声優初挑戦 「ニャめんなよ~」かわいく猫語を披露

劇場アニメ『DC がんばれ!スーパーペット』(8月26日公開)市川ぼたんがあざと可愛いヒットニャン(子猫)ウィスカーズの声を担当の画像

劇場アニメ『DC がんばれ!スーパーペット』(8月26日公開)市川ぼたんがあざと可愛いヒットニャン(子猫)ウィスカーズの声を担当

 歌舞伎俳優・市川海老蔵の長女、市川ぼたんが、アニメーション映画『DC がんばれ!スーパーペット』(8月26日公開)の日本語吹替版で声優に初挑戦したことが明らかになった。子猫のウィスカーズ役を任され、劇中では「こんばんニャ♪」「ニャめんなよ~」とかわいい猫語を披露する。

【動画】梶裕貴がナレーション『DC がんばれ!スーパーペット』日本版予告

 2019年に8歳で日本舞踊の名跡・四代目市川ぼたんを襲名し、昨年は連続ドラマ『二月の勝者―絶対合格の教室―』にも出演したぼたん。声優初挑戦となる本作で演じた子猫のウィスカーズは、空飛ぶ犬のクリプトや“スーパーペット”たちの前に立ちはだかる最強の敵。あざとかわいい見た目に反して、しっぽマシンガン、ひげミサイル、毛玉ボムボムなど、全身が武器。スーパーパワーを手にしたペットたちに容赦ない攻撃を浴びせる。

 ぼたんは、「声の出し方をあまり知らなかったので、いろいろ頑張りました」と奮闘しつつ、「初めての体験だったので、とても楽しかったです」と収録を振り返った。自身が演じたウィスカーズについては、「かわいい!」「ほれちゃう!」と無邪気に話し、ワクワクしながら向き合ったという。

 自宅で飼っている2匹の犬については、「なでるといやされるので、ずっとなでています」「私が泣いていたら涙をなめてくれたり、ガッカリしていたら『大丈夫だよ』みたいな、感情を読んでくれるところが自慢です!」。もし、ウィスカーズのようにスーパーパワーを手に入れられたとしたら、「透明になっていろいろな所に行って、悪い人がいたら倒したいです(笑)」と、勇敢に戦いを挑むヒーローになれる素質をのぞかせていた。

 本作について、「おっちょこちょいな“スーパーパワー”を持った動物たちの活躍を、私と同じぐらいの(年齢の)方にもたくさん観ていただきたいです」と、アピールしていた。

 あわせて、“人間とペット”や“仲間”との絆がうかがえる日本版本予告&本ポスターも解禁。本予告でも、特報と同じくリスのチップの声優を担当する梶裕貴がナレーションを務めている。

 本ポスターには、魅力あふれるスーパーパワーをもったペットたちに囲まれるように、クリプトと赤ちゃんのスーパーマン、そして「ぼくの親友は、ぼくが守る」という言葉が添えられている。ペットたちが巻き起こす「笑いと絆のアドベンチャー」に期待膨らむビジュアルとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ