プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

鈴木亮平、TDL「バズ・ライトイヤー」のアトラクションで満点獲得

東京ディズニーランドのアトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を体験する鈴木亮平の画像

東京ディズニーランドのアトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を体験する鈴木亮平

 俳優の鈴木亮平が20日、東京ディズニーランド内トゥモローランドで実施された、ディズニー&ピクサー『バズ・ライトイヤー』(7月1日公開)のイベントに出席。アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を体験し、満点の「999,999点」を獲得する奇跡を起こした。

【写真】「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を体験する今田美桜

 「以前乗ったとき点数が低かった記憶がある」という鈴木は、この日のために「ネットで攻略法をみてきました!(笑)」と告白。8月31日まで期間限定で高得点を狙えるスペシャルバージョン“アストロ・ヒーロータイム!”を実施中ということもあり、気合十分にアトラクション内へと吸い込まれていった。

 体験を終えて出てきた鈴木は、「満点でレベル7(アストロ・ヒーロー)を獲得しました! 事前に勉強していたので、次あれがくるぞって思ったのがキター!ってなりました(笑)」と、大興奮で報告。東京ディズニーランドの公式SNSでも鈴木の「999,999点」を獲得を伝えている。

 鈴木は「ディズニーランドに来ると、まずこのエリアにきてスペース・マウンテンに乗るのがいつもの流れなので、この場所でイベントをできることがとても感動的です! 実はきのうも下見に来たんです(笑)。そして、トイ・ストーリーホテルに泊まりました! 『俺おもちゃだったんだ』という気持ちになりました(笑)」と、トイ・ストーリーホテルも満喫していたことを明かしていた。

 同映画は、「トイ・ストーリー」シリーズに登場する“おもちゃ”のモデルとなった“スペース・レンジャー”バズ・ライトイヤーの物語。おもちゃの持ち主アンディが夢中になった映画をアンディと同じ目線で体験できる。

 日本版でバズ・ライトイヤーを演じる鈴木は、「エモいですよね! 実は僕もアンディと同じ世代なんです。アンディがおもちゃのバズを好きなことはみんな知っていますが、そんなアンディが観ていた映画の主人公・バズってどういうキャラクターなんだろうって思ったのですが、今回それが明かされ、バズの未熟な部分や思い、そしてバズのおなじみの航星日誌についてなど、いろんな発見があります。特に、あの悪の帝王“ザーグ”ってこういう…これ以上は言えないですけど(笑)」と、見どころを語っていた。

 イベントには、バズの人生を変えることになる大切な仲間、イジー役を担当する今田美桜も出席。同アトラクションは初挑戦だったが、「私はレベル4でした!」と笑顔。映画については「本当に圧巻でした! 自分も宇宙にいるような感覚になりましたし、アトラクション体験のような迫力、そして寄り添いたくなるような瞬間もあり、仲間の絆がギュッと詰まっていると思います」と、アピールしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ