プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

井浦新&尾野真千子、初共演で夫婦役 子役にデレデレで親の顔に「お母さんと呼ばないと1万円だからね」

映画『こちらあみ子』完成披露舞台挨拶に登壇した(左から)井浦新、大沢一菜、尾野真千子、森井勇佑監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『こちらあみ子』完成披露舞台挨拶に登壇した(左から)井浦新、大沢一菜、尾野真千子、森井勇佑監督 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の大沢一菜(11)、井浦新(47)、尾野真千子(40)、森井勇佑監督(36)が20日、都内で行われた映画『こちらあみ子』(7月8日公開)完成披露舞台あいさつに登壇した。

【写真】大沢一菜を優しい笑顔で見つめる尾野真千子

 同作は、芥川賞受賞作家・今村夏子の衝撃のデビュー作を映画化。主人公は広島に暮らす小学5年生のあみ子。少し風変わりだがあまりに純粋なあみ子の行動が、家族や同級生など周囲の人たちを否応なく変えていってしまう過程を描く物語。あみ子を演じるのは、応募総数330人のオーディションの中から選ばれた大沢。そしてあみ子の父親を井浦、母親を尾野が演じ、2人は初共演で夫婦役を務めた。

 撮影エピソードを聞かれた井浦は、現場でカメラマンをやっていたといい「ファーストカットからあみ子がどう芝居していくのか残せないのが惜しいなと思って自分で撮影していました」と明かすと、大沢は「黒板に落書きしているところとか撮られていました(笑)」と井浦と笑い合い、穏やかな空気に。

 現場でもオフの日も大沢と一緒にいたという尾野は、「私は少し遅れて撮影に入ったんですけど、みんなの気持ちが“あみ子”に向かっていたから、なんとかみんなに追いつきたい。あみ子からも、尾野さんじゃなくて“お母さん”って呼ばれたくて『尾野さんって呼んだら1万円だからね』とか『お母さんって呼びさない』とか言ってました(笑)」と尾野なりの方法で距離を縮めたことを明かし、笑いを誘った。

 イベントの最後には、大沢の11歳の誕生日をサプライズで祝福。井浦と尾野も「おめでとう!」と祝福し、温かい視線を送っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ