プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

演者のド派手衣装に会場興奮! 劇場アニメ『怪盗クイーン』舞台あいさつ公式レポート到着

劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』初日舞台あいさつに登壇した(左から)はやみねかおる氏、大和悠河、加藤和樹、リトルブラックドレスの画像

劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』初日舞台あいさつに登壇した(左から)はやみねかおる氏、大和悠河、加藤和樹、リトルブラックドレス

 17日より公開がスタートした劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』の初日舞台あいさつが同日、都内で行われ、クイーン役の大和悠河、ジョーカー役の加藤和樹、作者のはやみねかおる、主題歌を担当するリトルブラックドレスが登壇し、公式レポートが到着した。

【写真】「朝起きたら髪がパールホワイトに…」公開された演者のド派手姿

 出演者が入場すると、クイーン&ジョーカーがスクリーンからそのまま飛び出したような衣装で登壇した大和と加藤の姿にひときわ大きな拍手が起き、「朝起きたら髪がパールホワイトになっていて…」とお茶目に話す大和に会場は大きな笑いに包まれた。

 ついに公開日を迎えた『怪盗クイーン』について、「アニメは夢ではなかった」というのが今の実感と話す作者は、あらためて関係者やファンへの感謝を述べつつ、「クイーンとジョーカーが隣にいるのを見ると、違う夢を見てるよう」と笑顔を見せた。

 クイーンとジョーカーの関係について、作品さながらに「友達です」(大和)、「パートナーです」(加藤)と抜群の掛け合いを見せた2人。長年愛されている作品に参加できる驚きと喜びがあったという加藤は、「原作を読んでトリコになり、ワクワクした気持ちが抑えられず早くアフレコをしたくなりました」と回顧。

 アフレコ初挑戦となった大和はそんな加藤と一緒にアフレコを行ったといい、「ジョーカーの低音の響く声を聴くと安心するんです」と信頼を寄せていた。

 アニメ化発表時の反響の大きさに「20年間愛されてきた作品で、映像化は読者の方々の夢でもあったんだなと感じました」と話した大和。原作では性別や年齢が不詳の怪盗クイーンだが、宝塚時代に男役として活躍した経験から「男性的なもの・女性的なもの・人間的じゃない部分…いろんな要素をミックスして演じられればと思っていました。読者の方の熱を感じていたので、クイーン役として自分の名前が情報解禁されるまでは、試験結果を待つ学生のような気持ちでした(笑)」と明かした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ