プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ゴッドファーザー』舞台裏の「断れないオファー」を描いたドラマ、U-NEXT独占配信

ドラマ『ジ・オファー / ゴッドファーザーに賭けた男』U-NEXTで7月15日より独占配信(C)2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.の画像

ドラマ『ジ・オファー / ゴッドファーザーに賭けた男』U-NEXTで7月15日より独占配信(C)2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 歴史的傑作『ゴッドファーザー』の舞台裏で実際に起きていた危機の数々をドラマ化した『ジ・オファー / ゴッドファーザーに賭けた男』が、動画配信サービス「U-NEXT」で7月15日より独占配信されることが発表された。

【動画】ドラマ『ジ・オファー / ゴッドファーザーに賭けた男』予告編

 1972年に公開され、同年度のアカデミー賞で作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した映画『ゴッドファーザー』。後に多くの映画監督や著名人がバイブルとして語る今なお色あせない歴史的傑作、その製作には想像を絶するさまざまなドラマがあった。

 映画公開50周年を記念して今年4月より、米動画配信サービス「Paramount+」にて公開された同ドラマは、映画のプロデューサーを務めたアルバート・S・ラディを主人公に、名作誕生の舞台裏を描いた物語。本国では、『ゴッドファーザー』ファンはもちろん、「1日で全話一気観したくなるような作品」などと話題のドラマが、映画『ゴッドファーザー』1作目の日本公開からちょうど50年となる7月15日に日本初上陸する。

 ラディ役には、公開中の映画『トップガン マーヴェリック』にも出演するマイルズ・テラーが起用されたほか、彼に無茶振りを与える上司ロバート役に『キングスマン:ファースト・エージェント』のマシュー・グード、映画監督フランシス・フォード・コッポラ役を『ファンタスティック・ビースト』のダン・フォグラーが演じている。

  映画製作の夢を抱え、これまでのキャリアを捨てパラマウント・ピクチャーズに入社したラディは、売り上げ低迷を危惧しヒット映画づくりに躍起になっていたパラマウント社の凄腕プロデューサーのロバート・エヴァンスから、当時ニューヨークで話題になっていた小説「ゴッドファーザー」を低予算でヒットさせるよう、無茶振りを受ける。

 「ギャング映画は売れない」とされていた当時の映画業界では異例ともいわれたこの大博打をめぐり、映画を売るためキャスティングや演出に不満を吐くスタジオと、「商業映画ではなく芸術作品を作りたい」と主張する監督のコッポラと原作者のプーゾ、ぶつかりあう2つの思惑にラディは翻ろうされる。さらに、マフィアの実態をつづった小説に反対する実在のマフィアたちが、映画製作中止を求め、スタジオを襲撃する事態に…。

 『ゴッドファーザー』の名せりふのひとつ、「断れないオファー」にちなんだ作品名どおり、スタジオ、クリエイターから実在のマフィアまで、二重三重に連なる難題に葛藤しながら、解決策を見出していくラディの奮闘ぶりが見どころ。

 本作は、不朽の名作誕生秘話として映画未鑑賞でも楽しめるドラマだが、物語の随所に映画『ゴッドファーザー』の名シーンを彷彿とさせる場面があり、映画を何度も観ていたファンにはたまらない演出の数々も楽しめる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ