プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

食品大手3社が連携 深刻なたんぱく質摂取量の低下に“本気の取り組み”

『めざせ1日80g!たんぱく摂ろう会』を設立した明治、伊藤ハム米久ホールディングス、マルハニチロの3社の画像

『めざせ1日80g!たんぱく摂ろう会』を設立した明治、伊藤ハム米久ホールディングス、マルハニチロの3社

 明治、伊藤ハム米久ホールディングス、マルハニチロの3社が17日、たんぱく質コンソーシアム『めざせ1日80g!たんぱく摂ろう会』を設立。第1弾の取り組みとして体験学習型の教科書『たべる教科書』が制作された。

【画像】ミールキット同梱の体験学習型『たべる教科書』の中身

 同コンソーシアムは、長野県佐久市の公益社団法人「日本栄養士会」との連携により実現。食品業界を中心とした産業界、地方自治体、職能団体が垣根を越えて連携。今後は、教育機関や研究機関などとの協業も視野に入れ、活動していく。日本のたんぱく質摂取量の低下や低栄養という社会課題解決と啓発を目的としたもので、心身共に健康で安心して暮らせる社会の実現を目指す。

 昨今のコロナ禍の影響もあり、健康に対するさまざまな課題が顕在化。「心身ともに健康であることの大切さ」をこれまで以上に実感することが多くなった。これらの健康課題に共通して見られるのが、低栄養という問題であり、その要因のひとつが「たんぱく質摂取量の低下」だと言われいる。日本人のたんぱく質摂取量低下の改善を目的に、食品メーカー各社の想いがひとつになり、発足に至った。

 日本人のたんぱく質摂取量は、1950年代と同レベルまで低下(厚生労働省「国民健康・栄養調査」より)。たんぱく質不足の要因としては、若い女性では過度なダイエットが原因となり、貧血などの健康被害や出産における低出生体重児の増加。また、高齢者では、少食や活動量の低下などによって筋肉量が減り、やせすぎに繋がる。やせすぎることで、心身の機能が低下する「フレイル」を招き、要介護状態へと進む一因になるといわれている。

 第1弾の取り組みとして、体験学習型の教科書『たべる教科書』を日本栄養士会監修のもと作成。読んで学ぶだけでなく、ミールキットが同梱されており、たんぱく質の大切さについて、食べることで理解を深める内容となっている。同書を活用し、長野県佐久市の小学生に向けた食育授業を9月上旬に行い、47都道府県のなかで最も「朝食の欠食率」が高い沖縄県では、たんぱく質について学ぶイベントの開催を予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ