プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【K-1 RING OF VENUS】菅原美優、K-1初の女子大会で見せる泥臭さ「ここが勝負」 “背負う”立場としての心構え

『K-1 WORLD GP JAPAN RING OF VENUS』で初代アトム級王座決定トーナメントに出場する菅原美優 (C)ORICON NewS inc.の画像

『K-1 WORLD GP JAPAN RING OF VENUS』で初代アトム級王座決定トーナメントに出場する菅原美優 (C)ORICON NewS inc.

 K-1初となる女子大会『K-1 WORLD GP JAPAN RING OF VENUS』が6月25日に東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される。初代アトム級王座決定トーナメントに出場する菅原美優選手(22)にインタビュー。大会にかける思いを聞いた。

【動画】菅原美優 K-1初の女子大会に挑む「負けず嫌いなんです!」

 記念すべきK-1初の女子大会の最初に発表されたカードは、初代女子アトム級王座決定トーナメント。K-1の女子部門で、2つめのタイトルとなるアトム級が作られることになり、初代女子アトム級王座は4人によるワンデートーナメントで決定。参加選手とトーナメントの組み合わせも決定し、1回戦はMIO対パヤーフォン・アユタヤファイトジム、菅原美優対松谷綺となり、それぞれの試合の勝者が初代女子アトム級王座のベルトを懸けて決勝を争う。

■ターニングポイントは昨年末のMIO戦「考え方の変わった大事な試合」
――格闘技を始めたきっかけは?
【菅原】もともと父がずっと空手をやっていて父の地元で育ったので、お父さんが通っていた道場に私も入ったというのが格闘技を始めたきっかけです。そこから格闘技を見るのが好きになりました。見るのが好きで、そこまで本気ではやっていなくて、趣味で試合に出たりしていたら辞め時がわからなくなり(笑)。でも、試合で勝ってK-1の人に声を掛けてもらい、プロを目指すようになりました。

――昔から戦うことが好きだったというわけではないんですか?
【菅原】スゴく気は強くて負けず嫌いでした(笑)。戦うことが好きだったわけではないですけど争いごとは火がついちゃいます。そういうところは格闘技に向いていたかもしれないです!

――負けず嫌いエピソードはありますか?
【菅原】小学校の掃除の時間の後に百人一首をいつもやっていたんです。みんな、お遊び程度でやっていたんですが負けるのが嫌なので百首全部覚えました(笑)。運動会の徒競走も男の子と一緒に走ることになって、いつも1位を取れなくて…。もう大泣きでした(笑)。

――ファイターとしての見せどころは、どんなところ?
【菅原】キャピキャピできる年ではないですけど、格闘技界で自分みたいな女の子は、そんなにいなかった。格闘技やってる子はスポーティな格好をしたり、メンズっぽい服が好きな子が多いんです。その中で自分は美容に興味を持っていたり、女子らしい部分もありながら格闘技をやっています。ギャップは自分の武器なのかなと思います。

――格闘家としてのアピールポイントは?
【菅原】格闘家としては蹴りと負けん気の強さです。最初のころ、負けん気の強さに気づいてなかったと思うんですけど、結果とともにみんなに気づいてもらえたと思います。そこはよかったと思います。

――これまでのベストマッチは?
【菅原】年末のMIOさんとの試合です(昨年11月開催の『Krush後楽園大会』。自身の持つKrush女子アトム級のベルトをかけてMIOと2度目の対戦で、2Rにバックブローでダウンを奪って判定勝利)。自分の中で大きな試合でした。試合自体も多くの方に褒めてももらえましたし、メンタル面でもターニングポイントというか、いろいろ考え方の変わった大事な試合だったと思います。

――入場曲やコスチュームのこだわりは?
【菅原】TWICEの「Fanfare」を使っていますが、TWICEが好きなんです(笑)。女子格闘家はカッコいい曲を流すことが多いので「後楽園ホールでこんな音楽が流れるんだ!」という音楽で入場したくて。いつも自分でも笑っちゃうんです(笑)。みんながカッコいい曲を流している中、かわいいアイドルの音楽が流れて落ち着くんです。緊張が和らぎますね。衣装もTWICEの衣装の写真を持っていって「こんな感じにしてください!」って。最近のチェックの衣装も写真を見せて「これと同じチェックにしてほしいです!」とお願いしました(笑)。

■対戦相手の印象語る ワンデートーナメントは「1試合1試合に集中」

――男子選手の試合にはない、女子選手の試合の魅力は?
【菅原】気の強さじゃないかと思います。男の子が気が弱いということではなく、1発がある分、気持ちを見せる前にいいのをもらってしまって倒れたりがある。女子は悪い意味でも、いい意味でも1発は少ない。ホントに最後の最後は気持ちなんで。ドロ臭い、ドロドロな試合が女子特有かなと思います。そこをどう見せるかは、個々の技術。男子にはないところだと思います。

――6月19日には武尊選手と那須川天心選手が戦う『THE MATCH 2022』があり、その直後の大会です。格闘技に大きな注目が集まるタイミングでの試合となります。
【菅原】正直、逆の方がよかったなという気持ちはあります。『THE MATCH』という大きな大会があって、その後に『RING OF VENUS』。あんな大きな試合なので、目を向けるのは『THE MATCH』の方が多いと思います。なら、自分たちが先に試合をして、大トリとして『THE MATCH』があった方がいいのかなって。まぁ、プラスに考えます。自分たちが6月の最後に大きな試合の後に試合をする意味があると思って見せていきたいです。

――新たな物語のスタートが切れる大会とも考えられます。
【菅原】そうですね。初の女子大会。ここは勝負だと思っています。これから先、女子大会が続くのか、続かないのかは自分たちが見せた結果次第で変わってくる。みんな、ライバルですけど、しっかり協力して頑張らないといけないのかなと思います。

――トーナメントを勝ち上がり、戦いたい相手は?
【菅原】こっちと絶対にやりたいというのはないんです。ただ、MIOさんとは1勝1敗でしっかりケリを着けたいというのはあります。前回はラッキーじゃないですけど、バックブローが入ってダウンを取っての勝ちでした。それがなくても完封できるところを見せたいです。しっかり勝って、「負けた」って相手に思わせたいです。

 パヤーフォンちゃんは、私がKrushのベルトを追いかけていた時に高梨knuckle美穂さんとタイトルマッチをしたのを会場で見たんです。高い壁だなと思いました。「ここを越えないとベルトは手に入らない」と思ったところで高梨さんが階級を上げたんです。そうして、私が入れました。1つ越えたい壁。どちらが来ても倒したい相手です。どちらかというこだわりはないです。2人とも越えたいです。

――ワンデートーナメントでの戦い方は。
【菅原】全然、何も考えてないです。先を考えるとダメなタイプ。それをプラスに考えて、1試合1試合に集中したいです。今は松谷選手のことしか考えていないです。なので次に、と聞かれても考えられていないというのが正直なところです。

――では、松谷選手の印象は。
【菅原】正直、測れないところがあります。Krushで2戦しているんですけど、上手な強い選手だなと思います。こっちに来てから、まだKrushの一線で活躍している選手と試合をしていません。上の人とやったら、どうなるんだろうっていうところまで見えていないのでわからないんです。ナメているとかはないですし、強いと思います。次にKrushのベルトを懸けて防衛戦をしたら来るだろうなと思っていた相手。ここでできるのは、うれしいなと思います。過酷な一生忘れな1日になると思います。

――今後の目標はありますか?
【菅原】自分は最近、K-1の名前を背負ってお仕事をさせていただくことが多いんです。今後も、それを続けていきたいし、自分がK-1女子を引っ張っていく1人になりたいという気持ちがあります。K-1のことが本当に好きなので恩返しがしたいんです。それを自分が先頭を切って、やるためにも、このベルトはスゴく必要。そういう意味では、大事な試合。落とせないと思います。先のことは、それぐらいしか考えていないです。とりあえず、この次の試合に。必ず道は拓けると思うので。

――最後に初の女子大会となる『K-1 WORLD GP JAPAN RING OF VENUS』への意気込みを。
【菅原】しっかり自分がベルトを取って、自分がK-1をもっともっと多くの人に見てもらえるように頑張るので、皆さん応援よろしくお願いします。押忍。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ