プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

海外ドラマ『デクスター 警察官は殺人鬼』完結から8年を経て復活

完結から8年を経て、10話のリミテッドシリーズ『デクスター:ニュー・ブラッド』として復活。DVD-BOX発売決定の画像

完結から8年を経て、10話のリミテッドシリーズ『デクスター:ニュー・ブラッド』として復活。DVD-BOX発売決定

 日本では2007年より専門チャンネルで放送され、地上波では放送不可能な設定と過激なシーンが海ドラファンの間で話題沸騰となった『デクスター 警察官は殺人鬼』が、完結から8年を経て、10話のリミテッドシリーズ『デクスター:ニュー・ブラッド』として復活。DVD-BOXが9月7日より発売されることが発表された。DVFレンタル、デジタル販売も同時開始となる。

【画像】『デクスター:ニュー・ブラッド』場面写真

 シリアル・キラーが主人公の異色ドラマ『デクスター』。マイアミ警察殺人課の鑑識官デクスターのもうひとつの顔は殺人鬼。ターゲットは警察から逃げ切り罪を免れた凶悪犯人のみ。養父から教え込まれた“殺しの掟”を守りながら、野放しになっている悪人たちを次々と成敗していく…。

 2006年に米ケーブルテレビ局「Showtime」に登場すると、瞬く間に看板番組に。全8シーズン、常にファンを熱狂させ続けた。その後の、『ブレイキング・バッド』『ウォーキング・デッド』『ゲーム・オブ・スローンズ』などへと続く“米ケーブル局ドラマ注目の時代”の扉を開けた伝説のドラマだ。

 自分の存在が理由で大切な人を次々と殺されたデクスターが、愛する息子ハリソンのために自らの死を偽装し行方をくらませたオリジナルシリーズのラスト。あれから10年、舞台はマイアミからニューヨーク州北部の雪深い田舎町アイアン・レイク。デクスター・モーガンは過去を葬り、ジム・リンジーとして新たな人生を生きていた――。

 警察署長の恋人を持ち、平凡な人生を送っているジムのもとを突然息子が訪れてきたことで彼の生活は一変。ある男の死と連続少女失踪事件。狭いコミュニティで予期せぬことをきっかけに、デクスターの「闇の声」が復活する。やがて暴かれる、雪に埋もれたおぞましい罪とは?

 新旧ファンをとりこにするであろうスピーディ&スリリングな展開の全10話。デクスターと同様幼い頃、血の海を目撃したハリソンもまた「闇の声」を聞くのか? デクスターの父親としての責任と殺人者としての矛盾・苦悩も見どころとなっている。

 デクスター/ジムを演じるマイケル・C・ホールと、義妹デボラ役のジェニファー・カーペンターが続投。二人は本作での共演がきっかけで結婚したが、その後、離婚した。ジェニファーが扮するデボラは、前作で衝撃の死を遂げたが、本作ではジムにしか見えない幻影として現れ、デボラがデクスターに過去の罪を問う“親切設計”により、前作未視聴でも物語に没頭できる。日本語吹替版では、デクスター役を『SUITS/スーツ』の敏腕弁護士ハーヴィーの声などで海ドラファンにも人気の高い桐本拓哉が続投する。

DEXTER (R) New Blood (C) 2022 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.
SHOWTIME and related marks are registered trademarks of Showtime
Networks Inc., a ViacomCBS Company. TM &(C) 2022 CBS Broadcasting Inc.
CBS and related logos are registered trademarks of CBS Broadcasting Inc.
All Rights Reserved.

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ