プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

キンプリ“cinemaな夏男”で『anan』表紙 幸福感&信頼感あふれる姿 ZETA DIVISIONインタビューも

『anan』2305号(6月29日発売)で表紙を飾るKing & Prince(C)マガジンハウスの画像

『anan』2305号(6月29日発売)で表紙を飾るKing & Prince(C)マガジンハウス

 人気グループ・King & Princeが、29日発売のグラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス刊)に表紙&グラビアで登場。「自己肯定レッスン」特集で、初のドームツアーを経て、より強固なものとなった幸福感と信頼感あふれるグループの姿を見せる。

【写真】King & Princeのメンバーが初プロデュースしたケーキ

 自己肯定感を高めるワークや“セルフラブ”メッセージなど、自分の感情とうまく付き合うためのメソッドが詰まった「自己肯定レッスン」特集。表紙には、4枚目のアルバム『Made in』リリース当日のKing & Princeが登場する。スタイリッシュ・ポップ・エモーショナルを体現した、2つのシネマティックな男たちを演じていている。

 表紙は、モノトーンのスタイリングと、対照的な夏らしい鮮やかなオレンジカラーをバックにデザイン。ポップカルチャーのスターが勢ぞろいした映画のポスターを彷彿とさせるキャッチーなビジュアルは、クールなのにエネルギッシュな仕上がりに。今のKing & Princeのスタイリッシュな雰囲気の中にあるパワーが伝わり、見る人の気持ちのギアが1段階上がるような表紙となった。

 グラビアテーマは、“cinemaな夏男”。ブラックスーツにサングラスをかけ、コンクリートと配線が退廃的な雰囲気をかもし出す屋上を歩く姿はさながらギャング映画のワンシーン。King & Princeの無限の可能性を感じさせる快晴の空をバックに並んだメンバーショットも必見。クールな屋上でのカットとは打って変わって、ピザやホットドッグを頬張るポップなカットも。ワイワイとピザのボックスをのぞき込んだり、ピザを片手にポーズをとってみたりと、クール&ファニーなギャングボーイズも見逃せない。さらに、モノトーンの世界とは一変、カラフルな柄シャツコーディネートをまとったカットでは、アメリカの青春ムービーのような雰囲気に。4パターンの組みショットでは、すました表情を見せていたかと思えば、ピースサインを出したり、バックハグをしたり…。等身大な姿も見せる。新たなチャレンジを盛り込んだニューアルバムを引っさげ、強烈な夏の日差しさえ味方につけるような、King & Princeの“最強”感あふれるグラビアとなる。

 インタビューでは「自分への満足度は?」「ファンに向けたポジティブになれる言葉は?」など「自己肯定」特集にちなんだソロインタビューや、リレー形式で行った「君のすごいところ!」コメントを掲載。「唯一無二感がハンパない!」「炭水化物をいっぱい食べるところ!」など、メンバーならではの意外な視点を感じられる内容となっている。また、座談会では、本誌発売当日にリリースされる、ニューアルバムの秘話や初のドーム公演を経て感じた思いも。友達のようなハッピー感と共に闘う仲間としての強い信頼感に満ちたKing & Princeのグラビア&インタビューとなった。

 そのほか、先日e-spor ts の国際大会で3 位に輝いたチーム「ZETA DIVISION」の強いマインドの秘密に迫るインタビューも掲載。CLOSE UP には、7 MEN 侍(ジャニーズJr.)のメンバーとして活躍する中村嶺亜が登場。さらに唯一無二の存在として、日本のみならず世界中を魅了するアーティスト・YOSHIKIの貴重な撮りおろしスペシャルグラビア&ロングインタビューが実現。音楽、そして自分自身と真摯に向き合うYOSHIKI の今の声を聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ