プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【THE MATCH】YA-MAN“問題の一戦”に豪快勝利! 芦澤竜誠を1ラウンドでKO!

『THE MATCH 2022』第9試合で芦澤竜誠に勝利したYA-MAN(C)ORICON NewS inc.の画像

『THE MATCH 2022』第9試合で芦澤竜誠に勝利したYA-MAN(C)ORICON NewS inc.

■『Yogibo presents THE MATCH 2022』(19日/東京ドーム)
 日本最大規模の格闘技イベントの第9試合で、YA-MAN(26)と芦澤竜誠(27)が対戦。試合発表会見で大乱闘を繰り広げた“問題の一戦”は、YA-MANが1ラウンドでダウンを2度奪い、見事にKO勝利した。

【写真】熱いバトル続出!『THE MATCH 2022』全試合写真を随時更新

 試合決定会見では、芦澤が「泣かしてやるからなガキ。そのサングラスなんだ、カッコ悪いからやめろ」と挑発を続けると、ブチギレたYA-MANが立ち上がって芦澤に詰め寄って乱闘に。余裕を見せていた芦澤の前蹴りでYA-MANが吹っ飛び、後頭部を机に強打して出血する事態となった。

 それ以来の対面となった前日軽量でも、先に計量する芦澤がスマホを片手にYA-MANを挑発し、中指を立てながら「いまやってやんぞ!」と挑発すると、ブチ切れたYA-MANが詰め寄り、スタッフが止めに入るとYA-MANはステージから転落。あわや流血の再現かと心配された。

 不穏な空気のまま迎えた試合本番、芦澤はいつもどおり自らラップを歌いながら入場し、その横にはラッパーのANARCHYを従えて花道を闊歩。一方のYA-MANはゴージャスな美女ダンサー集団を従えてド派手に入場した。

 今大会の全16試合のうち、この試合のみ打撃が伝わりやすいオープンフィンガーグローブ(OFG)による“ケンカマッチ”。開始直後に芦澤が突っ込むもYA-MANが冷静にいなして右フックをヒットさせると、早くも芦澤はダウン。その後もYA-MANはローキックをヒットさせて芦澤を何度もスリップさせて消耗させると、右フックをヒットさせ豪快なKO勝利を飾った。

 試合後には、因縁を忘れてハグをして言葉をかわした2人。試合後にマイクを持ったYA-MANは、体重が重たい自分の階級に合わせ、OFGマッチに初挑戦した芦澤を称えた。さらに「1年前は誰も俺のことを知らなかったと思うけど、那須川天心は神童、武尊選手は天才。アッシー(芦澤)も歌がうまい。YA-MANは凡人だけど、気合と根性だけあれば格闘技の最高峰の舞台に立てるってことを証明したのかなって。努力すればここまで来れるので、みんな頑張りましょう!」と熱く語った。

●『Yogibo presents THE MATCH 2022』
・オープニングファイト -53kg級
×那須川龍心
判定0-3
○大久保琉唯

・第1試合 -55kg級
○鈴木真彦
判定2-0
×金子晃大

・第2試合 -55kg級
×志朗
判定0-3
○玖村将史

・第3試合 -55kg級
江幡睦
延長判定2-1
璃明武

・第4試合 -53kg級
○風音
延長判定3-0
×黒田斗真

・第5試合 -60kg級
○笠原友希
判定3-0
×中島千博

・第6試合 -100kg級 
×内田雄大
1ラウンドKO
○マハムード・サッタリ

・第7試合 -100kg級
×山下力也
判定3-0
○シナ・カリミアン

・第8試合 -71kg級
דブラックパンサー”ベイノア
判定0-3
○和島大海

・第9試合 -62kg級 
○YA-MAN
1ラウンドKO
×芦澤竜誠

第10試合 -62kg級 中村寛 対 レオナ・ペタス
第11試合 -63kg級 白鳥大珠 対 ゴンナパー・ウィラサクレック
第12試合 -67kg級 山田洸誓 対 安保瑠輝也
第13試合 -65kg級 原口健飛 対 山崎秀晃
第14試合 -68.5kg級 海人 対 野杁正明
第15試合 -58kg級 那須川天心 対 武尊

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ