プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

小沢仁志が還暦、主演・脚本・製作総指揮の映画で「肉弾戦のフルボッコ!」「やばいよ!」

主演・脚本・製作総指揮の小沢仁志(OZAWA)還暦記念アクション映画『BAD CITY』ティザーポスター (C)2022「BAD CITY」製作委員会の画像

主演・脚本・製作総指揮の小沢仁志(OZAWA)還暦記念アクション映画『BAD CITY』ティザーポスター (C)2022「BAD CITY」製作委員会

 「顔面凶器」「Vシネマの帝王」など、 数々の異名を持ち映画やドラマ、そしてバラエティなど数々のフィールドで活躍する俳優・小沢仁志が本日(6月19日)、60歳の還暦を迎えた。

【動画】15秒のティザー映像

 これを記念すべく、小沢が”還暦記念映画”として、「俳優人生で最後の無茶」を繰り広げる怒とうのアクション映画『BAD CITY』の公開日を発表。ロケ地である福岡県で12月9日より先行上映、来年1月20日より新宿ピカデリーほか全国で順次公開される。小沢からは、「この映画やばいよ!」「肉弾戦のフルボッコ! 是非劇場で観てな!」とのコメントも到着した。

 同映画は小沢によるオリジナル脚本(製作総指揮・脚本はOZAWA名義)。製作総指揮として、映画の企画段階から撮影のコーディネートまでこなし、主演として徹底したアクション練習と体づくりを行い、本作ではCGなし、スタントなしの肉弾戦に挑んでいる。60歳になろうとしている男の動きとは信じられない本格アクションが見どころだ。

 監督・アクション監督は、デビュー作『HYDRA』(2019年)が海外の映画祭でも評価され、アクション監督を務めた『ベイビーわるきゅーれ』がロングランヒットとなっている園村健介。

 また、本作は7月1日よりスイスで開催されるヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭のAsian Competition部門に招待されることが決定している。

■主演・脚本・製作総指揮:小沢仁志(OZAWA)コメント

50まで生きれないんじゃないか?
そう思ってた俺が60という数字の還暦を迎えるとは
そしてこの還暦記念映画「BAD CITY」を作れるとは思いもしなかった
この映画やばいよ!
向こう数十年はマズいが
数年はこの映画を超える日本映画は生まれないかも
なんせ
CGナシ、吹き替えナシ、涙アリ!笑
肉弾戦のフルボッコ!
是非劇場で観てな!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ