プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

柴犬に追いかけられる恐竜…なぜそうなった? 犬のとてつもない運動量に付き合う飼い主さんの愛情

ツッコミどころ満載! 愛犬の柴犬に追いかけられるティラノサウルス(画像提供:@kuroshibapeko)の画像

ツッコミどころ満載! 愛犬の柴犬に追いかけられるティラノサウルス(画像提供:@kuroshibapeko)

 なぜ、ティラノサウルスと柴犬が追いかけっこをすることになったのか…?「最近日中暑いので、愛犬と早朝ドッグランに行ってます」として、とにかく走り回る様子を撮影した動画が反響を集めた。ティラノサウルスの被り物をしているのは柴犬の飼い主さんで、以前は全国大会に出場するほどのアマチュアスポーツマンだったという。「とにかく運動量が多いので、毎日の散歩とドッグラン」は欠かせないと話す飼い主さんに愛犬との運動習慣について話を聞いた。

【画像】「残像しか残ってない…」家をドッグランにしてしまう柴犬ぺこちゃん、恐竜との戯れも

 写真の柴犬は、黒柴犬のぺこちゃん。とにかく運動量が多く、自宅でも残像を残すほどに素早い動きを見せて、「家をドッグランだと思っている」「残像しか残っていない」「シュールすぎる追いかけっこ」と各メディアでも話題になった。

 「とにかく運動量が多いので、毎日の散歩+家ドッグラン、週末のドッグランを日課にしています。当然、ストレスの解消が目的ですが、長期の視点で愛犬の健康を考えたときに、老化の大きな原因の一つとして”筋肉の衰え”があるので、若い時から筋肉を落とさないよう運動させて貯筋させるという意図もあります」と飼い主さん。ぺこちゃんの運動量に付いていけるのは、さすがとしか言いようがない。

「老化を考えると、そういった意味で愛犬の運動量が多いことは良いことだととらえていますが、怪我の恐れもあります。運動してよい場面・場所等は少し考える必要があると認識しています。これからも愛犬にとっての最適な運動習慣(特に平日)については継続的に考えて改善していきたいと考えています」

 ここで注目されているのが、飼い主さんがティラノサウルスの被り物をしている点だ。実際に着ぐるみで走っていて、疲れを感じることは無いのか?

「ティラノサウルスの被り物をしていて、特に気になったり、疲れを感じたりしたことはありません。きっと私の中に眠る白亜紀の哺乳類エオマイアのDNAが恐竜と共鳴しているんだと思います。遊んでいる時は楽しそうに走っている愛犬を見られるのでめちゃくちゃ楽しいです。加えて、奥さんも笑って撮ってくれているので最高です」

 飼い主さんが一番に考えているのは、「愛犬に長生きしてほしい」という願いだ。「恐竜に”限らず”新しいものに慣れさせる。覚えてもらうこと、新しい場所へ連れていき愛犬の脳を刺激・活性化してあげることで、元気でいてもらうことを意識しています。その考えのもと、家族みんなで楽しめる方法の”一つ”が恐竜でした。これからも、元気に健康に長生き(生活)してほしいです」。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ