プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

塚本高史、木村祐一に平謝り 部屋で騒ぎすぎて暴露される「気になってしゃあない」

映画『京都カマロ探偵』公開記念舞台あいさつより (C)「京都力マロ探偵」製作委員会(RIGHTSCUBE/RUNZEST)の画像

映画『京都カマロ探偵』公開記念舞台あいさつより (C)「京都力マロ探偵」製作委員会(RIGHTSCUBE/RUNZEST)

 俳優の塚本高史、木村祐一、山崎裕太が18日、都内で行われた映画『京都カマロ探偵』公開記念舞台あいさつに登壇した。

【動画】『京都カマロ探偵』予告映像

 本作は、京都を舞台に、自称探偵のフリーターが仲間とともに事件解決に奔走するアクションコメディー。自称探偵のフリーター釜田麻呂を演じた塚本は、本作を「今この時代になかなかない群像劇。わちゃわちゃしていて、男が見ても異性が見ても憧れられるような、楽しそうだなと思える作品」と説明。「序章、つまり前菜のようなもの。これで知ってもらって、面白いなと思っていただければ、どんどん続いていきたい」とシリーズ化を熱望した。塚本が演じた釜田の異母兄弟でヤクザ役を演じた木村は、「前菜って言ってるけと、死にかけてるからね。頼んますよ」とツッコミ。劇中の格闘シーンについて「テストで20発ぐらい殴られて、『死ぬ』って思った(笑)」と振り返った。

 オール京都ロケの本作。山崎は「みんなで僕の部屋で飲んだりしたじゃん。俺らが騒ぎ過ぎたせいで、横の部屋のキム兄が寝れなかった」と暴露。木村は「やかましくて、気になってしゃあない」とグチをこぼすと、塚本が「本当にすみませんでした」と平謝りだった。

 最後に塚本は「釜田麻呂という役で、京都の撮影中、本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。これがシリーズ化されて、長いこと釜田麻呂という役をやらせていただくには、皆さまのお力添えのもと、反映していくと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけていた。

 舞台あいさつには、朝井大智、吉田由一監督も登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ