プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Snow Man、全国大会制覇の名門中学バドミントン部と真剣勝負「チームワークを見せつけて勝ちたい!」

19日放送の『それSnow Manにやらせて下さい』に出演するSnow Man (C)TBSの画像

19日放送の『それSnow Manにやらせて下さい』に出演するSnow Man (C)TBS

 人気グループ・Snow Manが出演する19日放送のTBS系バラエティー『それSnow Manにやらせて下さい』(毎週日曜 後1:00)では、メンバーが超強豪校の部活へ真剣勝負を挑む「それスノ“スクールウォーズ”」第4弾を届ける。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 今回Snow Manと対決するのは初の“中学生”。男女合わせて9回もの全国優勝経験を持つスポーツ超名門校のバドミントン部に挑む。相手が中学生と聞いて少し油断していた(!?)メンバーだが、なんとアンダー16の日本代表選手が6人も在籍。なかでもキャプテンを務める男子生徒は中学2年生のときに全国大会を制覇し、“桃田賢斗2世”と呼ばれる逸材だ。

 実力を見せてもらうため、ラウールが紙風船付きのヘルメットを着用しスマッシュの洗礼を受けることに。想像以上の実力に「めちゃくちゃ怖い!」と悲鳴をあげ、佐久間大介も「史上最強の中2じゃん!」とビビりまくる。一方で佐久間は「何回も逆境を乗り越えてきたから負けない!」と闘志を燃やす。

 通常のルールでは勝つ見込みがないSnow Manのため、特別ルールで部員1人 vs Snow Manチーム3人のハンデ戦に。メンバーを替えて3回戦を行い、先に2勝したチームの勝利となる。しかし対戦する部員は3人とも日本代表選手。強豪校の中でもトップクラスの強者と勝負する。

 練習前にはラリーでSnow Manの実力をチェックし、1回戦は深澤辰哉、渡辺翔太、目黒蓮チーム、2回戦は佐久間、阿部亮平、宮舘涼太チーム、3回戦は岩本、ラウール、向井康二チームで戦うことに。練習では、猛暑の体育館で汗だくになりながらも「楽しい!」(渡辺)と必死でシャトルを追いかける。向井の華麗なスマッシュや佐久間のアクロバティックな技も飛び出すなど、持ち前の運動能力とチームワークで初心者とは思えない実力を発揮する

 本番では「作戦は声をめっちゃ出すこと」(深澤)、「秘策あります」(阿部)、「3人で肩組んで頑張りたい」(ラウール)とそれぞれが意気込み、いざ勝負。岩本照は「チームワークを見せつけて勝ちたい!」と、プライドを懸けた真剣勝負を繰り広げる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ