プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

“渋谷センター街”でポイ捨て9割減、“投票型”の喫煙所で見えた事実「吸い殻がなくなれば他のゴミも減る」

渋谷センター街「宇田川クランクストリート」に設置された投票型喫煙所(写真提供:コソド)の画像

渋谷センター街「宇田川クランクストリート」に設置された投票型喫煙所(写真提供:コソド)

 改正健康増進法や、各地の受動喫煙防止条例により、公共の場所から喫煙所や灰皿の多くが撤去された。一見良いことのようにも見えるが、特に新宿のオフィス街などの都市部では、“喫煙所難民”となった喫煙者が公園や路上、死角となった路地などでたばこを吸う、ポイ捨てをするなど、二次的な問題が増加してしまった。そんな中、同様にポイ捨ての多さに悩む渋谷センター街に突如、“投票型喫煙所”なるものが出現。ポイ捨て9割削減を成し遂げたほか、意外な事実も見えてきたという。

【ビフォーアフター】「こんなに変わる!?」喫煙所の設置前と後で驚くほどの変化が…

■「面白そうだからやってみよう」、たばこを吸わない若者も投票

 若者の街・渋谷センター街。ここもまた、路上喫煙や吸い殻のポイ捨てに長らく悩まされてきた場所だ。その、やや奥まった場所にある狭いL字型の区画が「宇田川クランクストリート」。死角が多いため、そもそもゴミや吸い殻が散乱していた地区としても知られていた。

 そこに登場したのが投票型喫煙所だ。設置したのは、喫煙所ブランド「THE TOBACCO」を運営する株式会社コソドで、5月21日より土日限定で設置されているという。代表取締役・山下悟郎氏によると、「好評により、当初の予定より開催期間の延長が決まった」そうだ。

 カラフルな「投票型灰皿」が5台置かれ、そこに「あなたが手に入れたいのは、どっちですか?/A.永遠の愛、そして一文なし B.一攫千金、そして永遠の孤独」「あなたが憂鬱になる瞬間は、どっちですか?/A.明日のことを思い出した日曜日の夜 B.木曜日だと思ってた、水曜の朝」など、ユニークな二者択一の質問が。喫煙者はここでたばこを吸い、そして思い思いの答えに投票する(吸い殻を捨てる)という仕組みになっている。

 「多くの方が投票してくれたのはもちろん、たばこを吸わない方々まで参加していただけていることに驚きとうれしさを感じています」と山下社長は語る。

 「私も現地で見ていたのですが、場所柄もあって若い方が多く、『自分の答えはどっちだ?』『え? こっちはないだろ(笑)』など、楽しみながら投票してくださいました。たばこを吸わない方も、『面白そうだからやってみよう』と、わざわざ道端に落ちている吸い殻を拾って参加していただいたりもしている。遊び感覚ながら、たばこのポイ捨て問題へ意識を向けてもらえた手応えを感じています」

 実際、成果も現れている。落ちている吸い殻が約9割も減ったほか、ペットボトルや空き缶などのゴミまでも減少。そもそも心理的に、人はキレイな場所にはゴミを捨てづらい。逆に、吸い殻だらけですでに汚い場所であれば、ついついゴミを捨ててもいいかという気持ちになることがある。吸い殻ゴミが減った結果、クランクストリート自体の美化にもつながるという実証データが得られたというわけだ。

 中でももっとも多く投票があったのは、「喫煙所が増えると、ポイ捨ては減ると思いますか?/A.YES B.NO」の質問だ。

 「回答は、YESが圧倒的に多かった。ポイ捨てしてしまう人も、そこに喫煙所があれば道端に捨てないのに…と考える人が多いということでしょう」

 そもそもポイ捨て自体がモラルに反した行動であり、指定場所以外での喫煙は条例違反。ポイ捨てしないよう携帯灰皿を持ち歩いている人もいるが、そもそも喫煙所があれば携帯灰皿も必要ないわけで、逆に持っていると路上喫煙してしまう…というモラルのパラドックスが起きている。

 これはたばこに限らず、ペットボトル、空き缶、ファストフードなどの包み紙のゴミもそうだ。テロ対策で街中からゴミ箱が減った結果、これらのゴミが路上に捨てられることも増えた。すべての人が高いモラルを持ち、条例を遵守できれば問題はないのだが、残念ながら人間はそこまでシンプルな生物ではない。宇田川クランクストリートは、そうした人間の“弱い部分”の縮図的な場所だったと言える。

■『ポイ捨て図鑑』で可視化、路上の吸い殻多い渋谷で実証実験

 山下社長は、「これまでたばこの購入場所データは世にあったものの、ポイ捨てされたデータはなかった」と語る。そこで、2021年12月には、たばこのポイ捨てをなくす社会の実現を目指す『ポイ捨て図鑑プロジェクト』を都内で展開。見つけたポイ捨てされたたばこ=“吸い殻モンスター”をWebで登録することにより、ポイ捨て頻発地点が可視化された。結果、非常にポイ捨ての多い渋谷で、今回のプロジェクトが起ち上がった。

 「可視化されたポイ捨ての多い場所には喫煙所を作ったり、清掃活動をするなどの施策は行っていました。ですが常設の喫煙所を作れる場所はなかなかなく、今回は私有地のオーナーの賛同と好意で実現した形です。実証実験のため、設置は土日のみ。若者の多い渋谷という場所柄、また視認性を意識してカラフルな色味とデザインにしました」

 同私有地オーナーは、吸い殻だけでなく、他のゴミも減ったことに喜んでいるという。いかに死角が多く、人通りがそもそも少なかった場所であっても、“機能”を設置すれば人は動く。そこへ足を運ぶ。さらには街をキレイにすることができる、という社会実験の結果も見られた。

 とはいえ、こと、たばこに関してはさまざまな考え方の人がいる。センター街すべてをヒアリングできるわけでもなく、中には好ましく思っていない人がいるのも当然だ。「この実証実験でしっかりと結果を残し、皆さんに協力してもらえるよう理解を仰ぎたい」と山下社長は決意を明かす。

 実際、投票箱に吸い殻が集まるわけで、火災の心配をする声も挙がっている。もちろん投票箱自体は燃えにくい素材を使用しており、火災の懸念を持つ人のためにも主催者側が定期巡回を行っている。受動喫煙やたばこのにおいの心配もあるが、「投票型喫煙所」があることをストリートの入り口にわかりやすく明示して知らせ、不意に立ち入って嫌な思いをすることがないよう、“すみ分け”を試みている。

 「今回判明したのは、吸い殻を捨てる場所があり、路上がキレイになると、人は心理的に他のゴミも捨てづらくなり、街がキレイになること。然るべき場所に喫煙所があれば、受動喫煙もゴミも減ること。また、ゲーム性というプラスαの価値を付与することで、吸わない人が吸い殻を拾って投票するなど、意識・感じ方が変わっていくこと。このデータを今後の、喫煙者・非喫煙者の共存に役立てていきたいと思います」

 この施策は瞬く間に話題になり、メディアはもちろん、行政からも注目を浴びた。

 「日本中のたばこのポイ捨て、街の美化に困っている地方自治体からも問い合わせ、データのキャッチアップの相談が届いています。改正健康増進法の全面施行が始まってまだ2年という過渡期だからこそ、こうした施策でデータを集め、より住みやすい、清潔でキレイな街づくりにご協力できていければ幸いです」

(文:衣輪晋一)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ