プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ムーディ勝山、本人役で映画出演 監督の“ノーコメント”評価に苦笑い「受け流されました!」

本人役で映画に出演したムーディ勝山 (C)ORICON NewS inc.の画像

本人役で映画に出演したムーディ勝山 (C)ORICON NewS inc.

ピン芸人のムーディ勝山が17日、都内で行われた映画『鬼が笑う』の初日舞台あいさつに参加した。

 MCを務めるムーディは、「チャラチャッチャチャチャラチャ―」と右から左へ受け流しながら登場。本作にはムーディ勝山役で出演している。三野龍一監督にMCとして、ムーディは「俳優としての私の演技はいかがでしたでしょうか?」と直撃。三野監督は「ノーコメントで」とニヤリとし、ムーディは「ノーコメント! 受け流されました!」と苦笑いを浮かべた。

【集合カット】おそろいの鬼Tシャツで登壇!豪華キャストたち

 もちろん冗談で、三野監督は「ムーディさんはお芝居がうまいと、芸人さんの中でウワサが。だったんですけど、今回はお芝居というよりは、ムーディさん役として出てもらうことで、物語が逆にリアリティがある作りになっています」と改めて語った。ムーディが登場する予告も公開。ムーディは「1番、最後に出てくるのが僕。僕が1番、びっくりしました」と笑っていた。

 母と妹を暴力から守るため、父を殺めてしまった一馬(半田周平)。社会復帰を目指し更生保護施設で生活を始め、スクラップ工場でも勤勉に働くが、社会は「人殺し」のレッテルを貼り、一馬は次第に生きる希望を失っていく物語。

 そのほか、半田周平、梅田誠弘、岡田義徳、赤間麻里子、大谷麻衣、木ノ本嶺浩も登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ