プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

大倉孝二、妖怪姿での舞台あいさつで悩み「どういう設定でやればいいのか」

妖怪姿での舞台あいさつへの悩みを明かした大倉孝二 (C)ORICON NewS inc.の画像

妖怪姿での舞台あいさつへの悩みを明かした大倉孝二 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の大倉孝二が17日、都内で行われた映画『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』の初日舞台あいさつに参加した。

【動画】舞台あいさつに“妖怪”集結!特殊メイクをした松本まりか

 テレビ朝日系で放送され、4日に最終怪(回)を迎えた土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』のその後を描く劇場版。妖怪たちと一緒にシェアハウスで暮らす主人公・目黒澪役の小芝風花をはじめ、お岩さん/四谷伊和役の松本まりか、酒呑童子/酒井涼役の毎熊克哉、座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえ、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉ら、おなじみの妖怪キャストが引き続き出演する。

 この日は、劇中衣装で登場。小芝や松本が役になりきってあいさつしているのを見ていた大倉は「この感じで行くのしんどくない?」とツッコミ。自身の番が回ってくると「大倉孝二です。エラいことになりそうだったので、早くフラットの戻したい」と話し、笑わせた。

 また、イベントでは「どの妖怪とシェアハウスをしたいか」という質問が。すでに“妖怪”となっているため、大倉は「妖怪なのに、どんな妖怪とシェアハウスしたいか、と言われても…。妖怪とは住みたくない…」と本音。松本から「楽しくなかったんですか?」とツッコまれると大倉は「どういう設定でやればいいのか…」と百戦錬磨の俳優でも難解な舞台あいさつに苦笑いを浮かべていた。

 そのほか、舞台あいさつには、毎熊、池谷、望月歩、豊島圭介監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ