プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

映画『妖怪シェアハウス』舞台あいさつに“妖怪”集結 小芝風花「安心感!」

映画『妖怪シェアハウス』舞台あいさつに“妖怪”集結(左から)大倉孝二、毎熊克哉、小芝風花、松本まりか、池谷のぶえ、望月歩(C)ORICON NewS inc.の画像

映画『妖怪シェアハウス』舞台あいさつに“妖怪”集結(左から)大倉孝二、毎熊克哉、小芝風花、松本まりか、池谷のぶえ、望月歩(C)ORICON NewS inc.

 俳優の小芝風花、松本まりか、毎熊克哉、池谷のぶえ、大倉孝二が17日、都内で行われた映画『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』の初日舞台あいさつに参加した。

【動画】役が憑依して言葉を発する松本まりか

 テレビ朝日系で放送され、4日に最終怪(回)を迎えた土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』のその後を描く劇場版。妖怪たちと一緒にシェアハウスで暮らす主人公・目黒澪役の小芝をはじめ、お岩さん/四谷伊和役の松本、酒呑童子/酒井涼役の毎熊、座敷童子/和良部詩子役の池谷、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉ら、おなじみの妖怪キャストが引き続き出演する。

 この日は劇中衣装で登場し、小芝が「皆さん、こんばんは! 目黒澪です! 妖怪さんたちと、この場に立てて幸せです!」と澪になりきってあいさつ。松本も「澪、立派になって…。こんなに多くの人の前で立派にしゃべることができて、もう岩、感激」と話すと、小芝は「岩さん! 岩さんのおかげです」と劇中さながらのやり取りでわかせた。

 毎熊も役になりきって話そうとしたが“牙”でうまく話せないアクシデントが発生。取り外すと、キャスト陣にも笑いが起きていた。ただ、大倉だけは「大倉孝二です。エラいことになりそうなので早くフラットに戻します」と“素”のまま語り、会場も爆笑だった。

 妖怪に囲まれた小芝だったが「安心感があります!」とにっこり。「この姿の皆さんと一緒にシェアハウスしているので。こっちの方がなじみがあります」と笑顔で語っていた。

 そのほか、舞台あいさつには望月歩、豊島圭介監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ