プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

関ジャニ∞大倉忠義、活動再開を発表 スタジアムライブのリハーサルから仕事復帰

活動再開を発表した関ジャニ∞・大倉忠義の画像

活動再開を発表した関ジャニ∞・大倉忠義

 右低音障害型難聴と両側耳鳴りのため活動休止していた人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義(37)が所属するジャニーズ事務所は17日、大倉が芸能活動を再開することを発表した。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 大倉は4月29日、一定期間の活動休止を発表。7月16・17日に横浜・日産スタジアム、7月23・24日に大阪・ヤンマースタジアム長居で開催される野外スタジアムライブ『18祭』のリハーサルから仕事復帰する。

 公式サイトでは「大倉の活動休止に伴い、ファンの皆様や関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「4月末から活動を休止し、療養してまいりました。ファンの皆様や関係者の皆様がご理解くださり、大倉に時間をいただきましたことで、耳への負担に配慮しながら穏やかに療養生活を送ることができました」と快方に向かったことを報告した。

 「症状も安定してまいりましたので、医師と協議し、関ジャニメンバーやスタッフとの話し合いを経て、この度、活動を再開することといたしました」としながらも「一方、今回は、完治に至るほど十分な時間を確保することはできておりませんので、以前に比べて不安は軽減されているものの、今後も症状と付き合いながら活動してまいります」と経過を観察しながらの再開であることも報告。

 低音障害型難聴は低い音を聞きとる能力が阻害される難聴で、短期間で治るケースもあれば長引いたり繰り返し発症したりする恐れ、そして内耳の障害やストレスなどが発症のきっかけになることもある。「当面は、スタジアムLIVE『18祭』に向けたリハーサルを中心に活動を再開させていただき、徐々に元気な姿をお見せする機会が増えていきますよう努めてまいりますので、ご理解賜れますと幸いでございます」と、呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ