プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ダチョウ倶楽部・肥後克広&寺門ジモン、上島さん死去後初の生出演 『ビバリー昼ズ』で元気な声「ヤー!」「くるりんぱ」

ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の模様(C)ニッポン放送の画像

ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の模様(C)ニッポン放送

 ダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンが、17日放送のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(月~金 前11:30)に生出演。11日に、メンバーの上島竜兵さん(享年61)が亡くなって以降、初の生出演となったが「ヤー!」と、おなじみのあいさつで元気な声を届けた。

【写真】4月には…お決まりの“キス芸”を披露していた上島竜兵さん

 肥後が「くるりんぱ」と上島さんのあいさつを継承するも、帽子を確認すると「あれ、比嘉栄昇って書いてある」とのボケをさく裂。磯山さやかが「上島さんが旅立ってしまいまして」と切り出すと、肥後とジモンが「えっ、聞いてないよ!」と明るいトーンで笑いを誘った。

 ドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)に、2人で出演することになったのが、ダチョウ倶楽部として継続する決め手となったようで、肥後は「ドラマを出してくれたので、頑張ろうと…」と語ると、ジモンは「オレはクワガタを取りにいこうと思っていたから」と熱弁。

 肥後が「ドラマで2人でいるじゃないですか? ダチョウ倶楽部2人になったなと。上島が大ボケ、肥後がツッコミで、ジモンはジモンなんですよ。あれ、ボケがいなくなったと。残ったのがツッコミとジモンなんですよ」と悩みを打ち明けるも、ジモンは「オレはずっといると思っているからな」と上島さんへの思いを口にしていた。

 同番組では13日から17日までの1週間は、50歳以上のダンディなおじさん芸能人が集合する「ビバリーいち押し!がんばれ!アツアツおじんウィーク」を開催している。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ