プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『トライガン』新作制作決定、2023年に13年ぶりアニメ化 制作はオレンジ

『TRIGUN STAMPEDE』制作決定 (C)2023 内藤泰弘・少年画報社/「TRIGUN STAMPEDE」製作委員会の画像

『TRIGUN STAMPEDE』制作決定 (C)2023 内藤泰弘・少年画報社/「TRIGUN STAMPEDE」製作委員会

 漫画家・内藤泰弘氏によるガンアクション漫画『トライガン』が、2023年にオリジナル新作アニメ『TRIGUN STAMPEDE』として制作されることが決定した。アニメ化は、2010年に公開された映画『TRIGUN Badlands Rumble』以来、約13年ぶりとなる。

【写真】かっこいい!『トライガン』原作イラスト使用のグッズ

 『トライガン』は、過酷な世界の中で平和主義者の賞金首という一風変わった伝説のガンマン「ヴァッシュ・ザ・スタンピード」が数奇な運命へと立ち向かう姿を描いたストーリー。

 1998年にテレビアニメが放送、2010年に劇場版が公開され、日本国内だけでなくアメリカなど海外を含めて大きな人気を博し、『Fate/stay night』で知られる奈須きのこ氏は「娯楽作品として“正義の味方”を描く時、あの愛すべきガンマンを意識しない時はありません」(2010年公開劇場版の応援コメント)と絶賛するなど、、多くのクリエイターたちに影響を与えてきた。

 そんな『トライガン』が2023年にオリジナル新作アニメとして生まれ変わり、『TRIGUN STAMPEDE』という名を携え、ハイクオリティなCGアニメを手掛けてきた「オレンジ」が制作、新たなスタッフ&キャストによるSF大作アニメとして新生。

 この『TRIGUN STAMPEDE』の最新情報が、7月2日にアメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2022」にて発表予定で、原作者・内藤泰弘氏をはじめ、プロデューサーたちもステージへ登壇して企画・制作の裏話などを伝える。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ