プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

東京・赤坂が魔法ワールドに 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』開幕

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』のプレビュー公演が開幕の画像

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』のプレビュー公演が開幕

 世界的人気のファンタジー小説で映画版もヒットした「ハリー・ポッター」シリーズの舞台版『ハリー・ポッターと呪いの子』のプレビュー公演が、同作の専用劇場として生まれ変わった東京・赤坂のハリー・ポッターシアター(TBS赤坂ACTシアター)16日に始まった。この日のプレビュー公演が、魔法ワールドに染まった新たな劇場エリアのお披露目日となった。

【画像】魔法ワールドにリニューアルされたシアター内

 同舞台は、原作者J.K.ローリングが、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンとともに舞台のために書き下ろした「ハリー・ポッター」8番目の物語。小説の最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」の19年後が描かれる。

 2016年のイギリス・ロンドンでの初演以降、ニューヨーク、メルボルン、サンフランシスコ、ハンブルク、トロントの世界6都市で上演。目の前で魔法が繰り広げられているかのような演出や、観る人を魔法の世界に引き込むストーリーで世界中の観客を魅了してきた舞台が、東京で幕を開ける。

 プレビュー公演の開幕にあわせ、俳優の吉田鋼太郎がルード・バグマンの声として出演することが発表された。ルード・バグマンの三大魔法学校対抗試合の実況は、魔法学校の生徒だけでなく、観客も盛り上がれるところだ。

 また、大人になったハリー・ポッター役を務める藤原竜也、石丸幹二、向井理をはじめとした日本オリジナルキャストたちが、実際に舞台で着用する衣裳を身につけた写真も公開された。

■舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』概要

[プレビュー公演]2022年6月16日~7月7日(全22公演)
[本公演]2022年7月8日~2023年5月31日
【会場】TBS赤坂ACTシアター
【上演時間】3時間40分(予定) ※休憩あり

【キャスト】
ハリー・ポッター:藤原竜也/石丸幹二/向井理
ハーマイオニー・グレンジャー:中別府 葵/早霧せいな
ロン・ウィーズリー:エハラマサヒロ/竪山隼太
ドラコ・マルフォイ:松田慎也/宮尾俊太郎
ジニー・ポッター:馬渕英里何/白羽ゆり
アルバス・ポッター:藤田悠/福山康平 
スコーピウス・マルフォイ:門田宗大/斉藤莉生
嘆きのマートル:美山加恋
ローズ・グレンジャー・ウィーズリー:橋本菜摘
デルフィー:宝意紗友莉/岩田華怜
組分け帽子:木場允視
エイモス・ディゴリー:福井貴一
マクゴナガル校長:榊原郁恵/高橋ひとみ
ルード・バグマンの声:吉田鋼太郎

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ