プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小柳友『ウルトラマンデッカー』発表会でウルトラマンゼロに変身「俺は台本通りにやる男!」

『ウルトラマンデッカー』オンライン発表会に参加した(前列左から)大地伸永、松本大輝、村山優香(後列左から)武居正能監督、小柳友、宮澤佐江、黄川田雅哉(C)テレビ東京の画像

『ウルトラマンデッカー』オンライン発表会に参加した(前列左から)大地伸永、松本大輝、村山優香(後列左から)武居正能監督、小柳友、宮澤佐江、黄川田雅哉(C)テレビ東京

 テレビ東京系で7月9日から放送開始となる「ウルトラマン」新シリーズ『ウルトラマンデッカー』(毎週土曜 前9:00)のオンライン発表会が16日、行われた。

【写真】今年のカラータイマーは左胸 ウルトラマンデッカー!

 発表会には、松本大輝(アスミ カナタ役)、村山優香(キリノ イチカ役)、大地伸永(リュウモン ソウマ役)、宮澤佐江(カイザキ サワ役)、小柳友(アサカゲ ユウイチロウ役)、黄川田雅哉(ムラホシ タイジ役)、武居正能監督が参加した。

 ウルトラマンデッカーは、突如襲来した謎の宇宙浮遊物体「スフィア」の群れに攻撃を受けた地球に現れた新たな光の巨人。地球平和同盟「TPU」により新たに再編されたエキスパートチーム「GUTS-SELECT」の新人隊員アスミ カナタにその光を宿し、限界を超えた先に待つものを求めて敵に立ち向かう。

 2010年公開の映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』ではウルトラマンゼロに変身する主演を務めた小柳が、本作では対スフィア部隊として再編成されたエキスパートチーム・GUTS-SELECTのメカを開発する、地球平和同盟TPUの科学者「アサカゲ ユウイチロウ博士」役を務める。

 小柳は「12年前に『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の撮影があった。その時のスタッフさんと現場に入った時にお会いした。ここを守り続けてくれて、僕が帰ってくる場所を取っていただいていたのはものすごく感動しました」と感慨を語る。そして「だからこそ僕にできることは芝居しかない。芝居で返そうと思った。本当に面白い脚本、役をいただけて感謝しています」とアサカゲ博士役への思いを語った。

 また、発表会では松本の教えのもと、ウルトラマンデッカーへの変身ポーズを披露することに。大トリで回ってきた小柳は自信満々に「デェア!」とウルトラマンゼロの変身ポーズを披露した。黄川田からツッコまれると、小柳は「大丈夫だよ、俺は台本通りにやる男だよ」とセルフフォローを入れ、爆笑をさらう。宮澤が「超簡単じゃん!」とイジると、小柳は「だってゼロの変身の時はウルトラゼロアイを持ってくるだけだったもん!」と反応。そんな中、ウルトラマンデッカーと並ぶと小柳は「素晴らしい大胸筋をしています」と笑顔を見せていた。

 そのほか、発表会では、オープニング主題歌「Wake up Decker!」(SCREEN mode)やエンディングテーマ「カナタトオク」(影山ヒロノブ)が公開。劇伴音楽に載せ、ウルトラマンデッカーやキャストたちが活躍する最新の特報映像も解禁された。

■『ウルトラマンデッカー』あらすじ
かつての怪獣災害もなくなり、平和を取り戻したかのような地球。人類の目はさらなる宇宙進出へと向けられ、怪獣災害への対策規模は縮小傾向にあった。
そんな中、突如飛来した謎の宇宙浮遊物体「スフィア」による地球への襲撃が始まり、人類は宇宙との交信を絶たれ“孤島の惑星”となってしまう。主人公「アスミ カナタ」の日常にもその魔の手が迫る。目の前で繰り広げられる破壊、ついに姿を現す巨大な怪獣。危険をかえりみず、今そこにいる敵に飛び込んだその時、カナタは「ウルトラマンデッカー」へと変身を遂げる。
「今、やるしかねぇ!」。デッカーの“光”を手にしたカナタは、日常を守るため戦うことを決意し、対スフィア部隊として再編成された新しいエキスパートチーム「GUTS-SELECT」の新人隊員として、若さあふれる仲間たちと共に巨大な敵に立ち向かっていく。

■新ヒーロー「ウルトラマンデッカー」
主人公・アスミ カナタが変身する光の巨人。フラッシュタイプを基本形態に、超怪力形態のストロングタイプや超能力形態のミラクルタイプへとタイプチェンジして戦う。身長55メートル、体重4万5千トン(※3タイプ共通)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ