プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

山田涼介主演『ハガレン』最終決戦の一部映像を公開 15キロ増量で挑んだラスボス“お父様”の姿も

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会の画像

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』の公式YouTubeにて全5回で配信されている「『鋼の錬金術師』PERFECT GUIDE」。第4回目の配信「#4 LAST SCENE」では、とくに注目を集めているエドと仲間たちの“お父様”との最終決戦の始まりを描くクライマックスシーンに迫る。

【動画】『鋼の錬金術師』“お父様”とのクライマックスシーン公開

 映像では、山田自身も「完成を観て原作に近いものがあり、頑張ってよかったと思える仕上がりになっている」と思い入れを語り、最大の見どころとして挙げているクライマックスシーンの一部を公開。ホムンクルスの生みの親とされるお父様による国土全体を使った恐るべき錬成陣計画が実行されようとしている中、エドとアル、ホーエンハイムたちが多くの人の命を守るため、決死の戦いに挑む姿が収められている。

 さらに、ここでは身体を鍛え上げた山田演じる“お父様”の姿が映像初解禁。先日のイベントでも、”お父様”を演じるために食事と筋トレにより体重を15キロほど増やし、体を鍛え上げた上で撮影に臨んだと語っていた山田がエドとアル、そして仲間たちの前に立ちはだかる最後の敵にふさわしい怒りを宿した鋭い眼光と屈強な肉体を披露している。

 完結編2部作にて、山田はエドと若い姿のお父様、ホーエンハイムの若かりし頃の姿である奴隷23号の一人3役を演じることが明らかになっており、全くの別人格の演じ分けにも注目。原作をより忠実に再現したクライマックスシーンの撮影は、一週間ほど時間をかけて行われ、キャスト・スタッフ共にこん身の仕上がりになっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ