プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

スター・ウォーズ大好き芸人ミキ、ユアン&ヘイデンに「ウケた!」と歓喜

スター・ウォーズが大好きと明かしたミキ(左から)亜生、昴生 (C)ORICON NewS inc.の画像

スター・ウォーズが大好きと明かしたミキ(左から)亜生、昴生 (C)ORICON NewS inc.

 声優の森川智之とお笑いコンビ・ミキが16日、都内で実施された「最終話直前『オビ=ワン・ケノービ』ユアン×ヘイデン×監督に直撃 LA-東京中継イベント」に登壇。「スター・ウォーズ」の大ファンだというミキは、オビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガー、アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー役のヘイデン・クリステンセンと中継で対面し、2人が笑うたびに「ウケた!」「ウケた?」の大騒ぎだった。

【集合ショット】森川智之も感激!ユアンマクレガーら豪華キャストたち

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のオリジナルドラマシリーズとして先月27日より配信されている『オビ=ワン・ケノービ』。映画「スター・ウォーズ」シリーズの『エピソード3/シスの復讐』(2005年)の10年後を舞台に、『エピソード4/新たなる希望』(1977年)につながる物語を描いた作品で、きのう15日に第5話、来週22日に最終話(全6話)の配信を控える。

 英語で「コメディアン・デュオ」と紹介されたミキ。自分たちの話す順番が回ってくると、亜生が昴生を指して「ジャパニーズ ジャバ・ザ・ハット(巨大なナメクジみたいなキャラクター)、ノーCG」とアピールし、「ユアンが少し笑ってくれた」「ヘイデンが笑ってくれた」と亜生も必死だったが、ユアンもヘイデンもノーコメントだった。

昴生は“ガチ勢ぶり”を発揮して、『オビ=ワン・ケノービ』第3話と第5話で実現した、オビ=ワンとダース・ベイダーのライトセーバー対決について質問。

 ユアンは「ファイトシーンのためのリハーサルはすごくしました。少しくらい間違えても大丈夫なんていえる余地は一切ない、緻密に設計されていることなので、全神経を注いで撮影しなければならないんです。『エピソード3』のバトルは最高でしたよね。あれから17年経っていますが、今回の撮影時、ヘイデンと向かい合った時に、まったく時間が経っていないかのように感じました」と返答した。

森川智之が持参したライトセーバーを構えると、ユアンが手元にあった青いペンをライトセーバーに見立ててリアクション。ミキよりも大きな笑いが起きていた。

 ヘイデンは「膨大な練習は必要になっていく。すばらしいスタントチームに恵まれて、見事なコレオグラフィーを作ってくれました。僕にとってスター・ウォーズのプロジェクトに参加するハイライトは、ライトセーバーのバトルを学ぶこと。とても楽しかったです」と撮影を振り返った。

 過去に師弟関係だったオビ=ワンとアナキン。ヘイデンが「『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)で初共演してから、ずっとユアンを師と仰いでいるし、今も尊敬しています。役者としてだけでなく人間としても素晴らしい方です」と話すと、ユアンは「ありがとう」と礼を言いつつ、「ヘイデンと僕は師弟関係ではなく、兄弟みたいな関係だと思っています」と返していた。

イベントの最後には、ユアンが日本のファン向けてメッセージを送った。「この作品を観てくれてありがとう。最終話も楽しんでもらえたらうれしい。いままでの応援もありがとう」と話した後に、「個人的なことだけど、大切な友人のユタカさん、こんにちは。皆さんには大きな愛を送ります。楽しかったです」と語った。日本中の「ユタカ」さんをドキッとさせるコメントに、昴生は「どこに“ユタカさん”が出てくるのか…」と気になっている様子を見せていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ