プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

錦鯉・長谷川雅紀、昭和58年の「チョロQ」賞状を堂々自慢 『M-1』との2冠に「宝物です」

昭和58年の賞状を自慢した錦鯉・長谷川雅紀 (C)ORICON NewS inc.の画像

昭和58年の賞状を自慢した錦鯉・長谷川雅紀 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・錦鯉が16日、東京ビッグサイトで開催中の『東京おもちゃショー』タカラトミーブースで、進化した令和の「チョロQ」お披露目イベントに登場。長谷川雅紀は、小学生の頃に参加した「チョロQ爆走レース」スピード競技で見事チャンピオンになった経験を誇らしげに語った。

【写真】40年前の賞状を掲げる笑顔の長谷川雅紀

 2人は同商品のイメージキャラクターを務め、放送中のテレビCMにも出演。昨年『M-1グランプリ』でチャンピオンとなり、芸歴25年にしてブレイクした錦鯉が、昭和に大ヒットし、発売から約40年の「チョロQ」の“進化して爆走するさま”を表現しているとして起用された。

 イベントに登場した長谷川は小学校の頃から好きだったというチョロQのCM出演に「まさか50歳でチョロQのCMできるとは」と喜びを表現。小学5年生の頃に「チョロQ」の大会で優勝したときにもらったという、昭和58年の賞状を持参し「40年前のものを大切に保存していた」と自慢げに語り、「人生で唯一もらった賞状がこれだけなんです。だから大事にしていた」とアピールした。

 渡辺隆が「M-1と二冠ですね」と振ると、長谷川は「これがあったからこそ、CMに出演できた。宝物です」と誇らしげに賞状を掲げていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ