プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

フィッシャーズ、バンダイとコラボに驚き 『びっくら?たまご』20周年記念商品発売

バンダイとコラボに驚いたフィッシャーズ(左から)ンダホ、ザカオ、マサイ、シルクロード (C)ORICON NewS inc.の画像

バンダイとコラボに驚いたフィッシャーズ(左から)ンダホ、ザカオ、マサイ、シルクロード (C)ORICON NewS inc.

 人気ユーチューバー・Fischer’sが16日、東京ビッグサイトで開催中の『東京おもちゃショー2022』(17日まで)で、自分たちが手掛けるライフスタイルブランド『Dotene(ドテネ)』の取材会を開催した。

【写真】『おふろ釣りボム』を楽しむフィッシャーズ

 新商品は『Dotene びっくら?たまご おふろ釣りボム』(バンダイ)。サメやマグロ、長靴など全6種類のマスコットが入った入浴剤を溶かすと、「浮き」がぷかぷかと湯面に浮き、付属の釣りざおで引っ掛けて釣り上げることができる。

 この日は、シルクロード、マサイ、ザカオ、ンダホが登場した。「よく食べて、よく遊ぼう」がテーマの『Dotene』の由来を問われるとシルクロードは「動画外でも老若男女、楽しんでくれたらいいなと思って。動画を飛び出して、ワクワク、ドキドキすることができたら。『Dotene』の由来は集合場所。中学の卒業式の日に『じゃあ、土手ね』と言ったことから始まった。みんなが集まって集合してくれるようなブランドにしたいという形で」と説明した。

 バンダイの人気商品『びっくら?たまご』とのコラボ。『びっくら?たまご』とのコラボに驚きながらもシルクロードは「1番はバンダイさんだよね!」と目を丸くする。ンダホは「高校が蔵前の方だった。自転車で学校に行くときにバンダイさんの前を通っていた。いいなぁと思っていたら、数年後に(コラボを)やらせていただいた。うれしいよねぇ」としみじみと口にしていた。

 この日は、『Dotene びっくら?たまご おふろ釣りボム』をお試し。ザカオが釣り上げることになったが、うまくできずに「意外と難しいかも」と苦笑い。シルクロードから「製作者だけど、そっちじゃないね」とツッコまれ、笑いが起きていた。また、マサイは「釣り好きの方も」と呼びかけ、シルクロードは「もしかしたらジギングの練習にも」と反応。最後にシルクロードは「大人も子どもも。大人がやっても楽しい」と発信していた。

 本商品は『びっくら?たまご』の20周年記念の取り組み。発売は10月から。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ